TechTargetジャパン

技術文書
「SAP HANA」のスケールアウト、管理のためのセットアップガイド
 「SAP HANA」を導入してデータ分析を高速化した企業は、各部門で個別導入していたBIツールではなく、プラットフォーム化されたSAP HANAで全てのデータ分析を実現しようとする。データ分析に専任の担当者がいる場合は別にして、多くの企業においてデータ分析を行うのは現...(2015/2/13 提供:ノベル株式会社)

技術文書
Linux環境における「SAP HANA」のHA構成、セットアップガイド
 メモリ大容量化、マルチコア化、分散並列処理技術、高度圧縮技術、カラム型技術などハードウェア/ソフトウェア双方の進化に伴ってSAP HANAは実用化され、多くの企業が導入するようになった。もともとはビッグデータなど大規模データの演算処理時間を大幅に短縮するソリ...(2015/2/13 提供:ノベル株式会社)

技術文書
「SAP HANA」のセキュリティ対策に欠かせない“OSセキュリティ強化の極意”とは
 OSハッキングにより必要な権限を盗み取ることができれば、ハッカーは自由にデータベースアプリケーションにアクセスすることができる。これがデータベースを攻撃する際、ハッカーがOSをターゲットにする理由である。「SAP HANA」などのソリューションによってデータ分析...(2015/2/13 提供:ノベル株式会社)

製品資料
ダウンタイムゼロへの3つのステップ
 グローバル企業から中小企業に至るまで、顧客、パートナー、従業員にサービスを24時間体制で提供する企業が増えている。Ponemon Institute社の調査『Calculating the Cost of Data Center Outages』(2011年5月)によると、「1分の計画外ダウンタイムに5000米ドルのコス...(2014/11/13 提供:ノベル株式会社)

事例
Linux導入事例集:「ダウンタイムゼロ」を目指す6社はなぜLinuxを選んだのか?
 あなたはシステムダウンタイムにどう対処しているだろうか? 今日の情報システム部門は常に継続的アクセスや需要の増大に対する要望に応えるというプレッシャーにさらされている。しかし、老朽化したサーバコンポーネントの交換、カーネルのパッチ適用、OSのアップグレ...(2014/11/13 提供:ノベル株式会社)

製品資料
高速データ基盤がさらに進化、「SAP HANA 2」はなぜここまで速くなったのか?
 競合他社よりも早く適切な情報や製品、サービスを提供することは多くの企業が挑戦し続ける課題といえる。今、その実現の鍵はデータにある。テクノロジーによりデータを迅速に引き出せれば、保守管理に費やす時間を減らし、より多くのリソースを変革や成長戦略に投資でき...(2017/6/6 提供:インテル株式会社)

製品資料
2020年に760億ドルのアナリティクス市場で成功するカギは「最新CPU」の活用
 ビッグデータの活用に対する関心が高まる中、多くの企業がビジネスインテリジェンスとアナリティクスに向けた投資の優先度を上げている。アナリティクス市場は、2020年までに760億ドルという規模に成長するという予測もある。 成長が期待できる一方で、業績に貢献でき...(2017/10/30 提供:インテル株式会社)

製品資料
仮想システムも数クリックで保護、中小企業向け統合バックアップ製品の実力は?
 現代の企業におけるITインフラはハイブリッド環境に移行しており、68%の企業が物理サーバ、仮想サーバ、クラウドサーバを組み合わせて活用しているという。中小規模の企業やSOHOにおいても、仮想インフラはもはや当たり前の存在となっている。 ハイブリッドなITインフ...(2017/10/27 提供:アクロニス・ジャパン株式会社)

技術文書
SAP HANA導入戦略ガイド
 SAPのインメモリデータプラットフォーム「HANA」は、ビジネスプロセスの転換を約束する。本稿では従来型のSAPアーキテクチャがHANAでどう変わったか、ある企業の顧客サービスがいかに合理化されたか、そしてHANAの実装を巡る混乱がなぜ生じるのかを解説する。 本PDFは...(2017/9/27 提供:アイティメディア株式会社)

事例
OpenStackで構築するソフトウェア定義インフラ、俊敏性を高めるポイントは?
 BMW Groupは、車内外の顧客体験を強化するクラウド専用アプリなどを利用して収益拡大を促進している。その一方で、既存のプライベートクラウド環境では、インタフェース開発の遅れや、アプリケーション動作環境の問題、社内メンテナンスに多くの時間・コスト・人材が必...(2017/9/8 提供:インテル株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 1月25日号:ARMが進めるIoT戦略
 Computer Weekly日本語版 1月25日号は、以下の記事で構成されています。■フラッシュ専用プロトコル「NVMe」の可能性■セキュリティ機能「ATS」必須化目前、ただし対応しているiOSアプリはわずか3%■何をどう変えるのか? オンラインIDインフラの刷新を訴えるMicroso...(2017/1/25 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
アプリケーション実装の複雑性を解消、多様な要件に応える次世代インフラとは?
 IT技術の進化とともに、データセンターにおけるアプリケーション上の課題は増え続けている。パフォーマンス、可用性、拡張性、管理性能、ITインフラ、仮想化といった要件は、個々のアプリケーションで異なり、全体として最適化することは容易ではない。 特に、マルチハ...(2017/8/15 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

製品資料
エンドポイントセキュリティを徹底解説、多層防御に採用すべき技術は?
 近年は多数のベンダーや新興企業から、マルウェア感染の阻止に向けたエンドポイントセキュリティ製品が次々と登場している。しかし、年間で数億にも及ぶマルウェアの亜種が発見される状況では、多くの製品に見られるような限定的な保護機能では十分な対策とはならない。(2017/8/2 提供:株式会社シマンテック)

技術文書
徹底検証:Azureを活用したSAP S/4HANAシステムのDRサイト構築
 急拡大を続けるクラウドサービス市場では、独自のメリットを売りにした多種多様なサービスが提供されている。そこで、複数のクラウドサービスのメリットを効率よく取り入れる方法として、マルチクラウドを選択する企業が増えている。 特に、ビジネスの根幹をなすSAPシ...(2017/7/24 提供:株式会社インターネットイニシアティブ)

技術文書
新世代LabVIEWは何が変わるのか――その進化点とLabVIEWが持つ豊富な機能
こうした課題に応えるにはどうすればよいだろうか。その解決策として、過去 30 年、何十万人ものエンジニアや科学者によって、生産性や機能性が向上してきたLabVIEW の実績を基に、共通の開発タスクの最適化というエンジニア固有の機能を組み合わせることで、システム開発...(2017/7/14 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

製品資料
着目すべきは導入時のトータルコスト。4つの理由で選ばれるLinuxONE
 サーバの導入/買い換えにおけるTCO削減のアプローチとして、IBMのハイエンドLinuxサーバである「IBM LinuxONE」が注目されている。その4つの技術的な理由は、IBM LinuxONEがメインフレームとオープンシステムのメリットを併せ持つことで実現している。 メインフレーム...(2017/7/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
データセンター変革を実現する技術とは? 2wayサーバ向けプロセッサを徹底解剖
 急速に変革が進むデータセンターにおいて、プロセッサが省電力化やパフォーマンス向上、TCO削減などの面で与えるインパクトは大きい。その進化は依然として早く、処理速度向上の限界がささやかれ始めた近年でも、前世代のモデルと比べてコア数とキャッシュを20%向上さ...(2017/6/5 提供:インテル株式会社)

技術文書
5GやIoT時代に求められる<ソフトウェア環境>の4つの課題を読み解く!
 5GやインダストリアルIoTなど新たなトレンドに適応する際、技術的にもビジネス的にも安心して革新を進めるためには何が必要になるか?重要な要素のひとつであるソフトウェアにおいて、新しい技術に対応する環境とはどういったものか。30年使われ続ける開発ツール「LabVI...(2017/6/27 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

事例
OpenStackで構築するソフトウェア定義インフラ、俊敏性を高めるポイントは?
 BMW Groupは、車内外の顧客体験を強化するクラウド専用アプリなどを利用して収益拡大を促進している。その一方で、既存のプライベートクラウド環境には、インタフェース開発の遅れや、アプリケーション動作環境の問題、社内メンテナンスに多くの時間・コスト・人材が必...(2017/6/5 提供:インテル株式会社)

レポート
SAP HANA、SAP S/4HANAのためのハードウェアの新たな選択肢
 「SAP HANA」や「SAP S/4HANA」でのビジネスアナリティクスの推進における懸念点は、アナリティクスとトランザクションを同一システム上で実行する際に不可欠なパフォーマンス、耐障害性、柔軟性、管理容易性だ。現時点でSAP HANAおよびSAP S/4HANAで利用可能なハードウ...(2017/5/31 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
物理/仮想/クラウドを一元管理、「統合データ保護」製品の疑問を解消
 物理、仮想、クラウドなどのプラットフォームを問わず、インフラ全体のデータを保護する「統合データ保護」製品。データの一元管理が可能になる一方で、多様な機能を1つにまとめているため、パフォーマンスや運用効率、業務負荷、コストなどへの不安の声も聞こえる。 ...(2017/4/4 提供:ベリタステクノロジーズ合同会社)

製品資料
「Windows Server 2016」に最適なHCIは? 新たな分散ストレージ機能を徹底解説
 x86サーバの高性能化が進んだことで、物理サーバ1台あたりの仮想サーバ数やサービス数は増加傾向にある。その結果、従来の仮想化基盤では、SANやNASなどの共有ストレージにこれまで以上のI/Oが集中し、予算内で各仮想マシンの性能を維持することが難しくなってきた。 ...(2017/2/10 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 2月8日号:NVMe over Fabricsに高まる期待
 Computer Weekly日本語版 2月8日号は、以下の記事で構成されています。■なぜPowerShellが危険なのか? 増え続ける悪用の現状■SSD用リモートアクセス仕様「NVMe over Fabrics」に掛かる期待と現実■R言語ベースのデータ分析プラットフォーム「Microsoft R Server」リ...(2017/2/8 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
モダンで堅牢な従業員/カスタマーサイトを直感的な操作で構築
 近年は社内向けポータルや顧客向けWebサイトで、さまざまなサービスやアプリケーションが提供されている。これらを利用するユーザーは、より多くの機能を活用したコラボレーションや情報共有を求める一方で、複数のID/パスワードの使い分けのような面倒なことは避けた...(2017/1/27 提供:株式会社イージフ)

技術文書
ハイブリッドクラウドの利用を支える、次世代運用管理の3つの鍵
 業務部門がIT部門の手を借りることなく、迅速かつ柔軟に利用できるIT環境が、クラウドの普及で実現した。その反面、管理の目が行き届かないシャドーITも生まれ、仮想マシンの乱立など、これまでの運用手法では企業全体のIT最適化に大きな課題がある。 パブリッククラウ...(2017/1/13 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

講演資料
悩む前に試してみよう AzureとクラウドでDRはこんなに使いやすい
 24時間365日、休み無しでサービスを提供し続けるITが当然の現在、ディザスタリカバリー(DR)は事業継続のために欠かせない。オンプレミスで用意するには、ネットワークやハードウェアの準備、環境構築など負担は大きい。現実的な実装方法を考えねばならない。 その代...(2016/12/16 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
オープンソースの真のパワーを生かせるITインフラとは?
 従来の硬直的なシステムでは急速に変化する市場や顧客の要望に応えることは難しい。そのように考える企業があらためて注目しているのが、オープンソースソフトウェア(OSS)だ。世界中の開発者やベンダーが協力して開発しているOSSは、開発スピードや優れたユーザーイン...(2016/12/1 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
なぜ今「エンドポイントセキュリティ」を見直す必要があるのか
 クライアントPCやサーバといったエンドポイントを保護する「エンドポイントセキュリティ」の重要性が高まっている。攻撃者の最終的な攻撃目標が、エンドポイントに他ならないからだ。メールやWebサイトなど攻撃経路は数あれど、攻撃者が欲しがる情報や壊したいシステム...(2016/11/30 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
物理・仮想環境を一元管理、データ保護のコスト最適化を実現するバックアップ製品
 システムやデータを保護し、ビジネスを守るために不可欠なバックアップ。その重要性はシステムが物理サーバから仮想サーバ、クラウドへと移り変わる中でも変わらない。むしろ新たなシステム形態や、それに伴う高度なニーズに対応したバックアップツールが求められるよう...(2016/10/18 提供:ベリタステクノロジーズ合同会社)

製品資料
クラウドとオープン系システムの手薄な運用監視、強化に役立つ2種類のサービス
 稼働監視が徹底されている基幹システムと比較して、業務系および情報系システムは導入だけでなく運用についてもユーザー主体となっていることが多い。そのためIT部門の目が届きにくい傾向があるうえ、パブリッククラウド上に構築して利用されることが増えており、さらに...(2016/10/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading