TechTargetジャパン

技術文書
「SAP HANA」のスケールアウト、管理のためのセットアップガイド
 「SAP HANA」を導入してデータ分析を高速化した企業は、各部門で個別導入していたBIツールではなく、プラットフォーム化されたSAP HANAで全てのデータ分析を実現しようとする。データ分析に専任の担当者がいる場合は別にして、多くの企業においてデータ分析を行うのは現...(2015/2/13 提供:ノベル株式会社)

技術文書
Linux環境における「SAP HANA」のHA構成、セットアップガイド
 メモリ大容量化、マルチコア化、分散並列処理技術、高度圧縮技術、カラム型技術などハードウェア/ソフトウェア双方の進化に伴ってSAP HANAは実用化され、多くの企業が導入するようになった。もともとはビッグデータなど大規模データの演算処理時間を大幅に短縮するソリ...(2015/2/13 提供:ノベル株式会社)

技術文書
「SAP HANA」のセキュリティ対策に欠かせない“OSセキュリティ強化の極意”とは
 OSハッキングにより必要な権限を盗み取ることができれば、ハッカーは自由にデータベースアプリケーションにアクセスすることができる。これがデータベースを攻撃する際、ハッカーがOSをターゲットにする理由である。「SAP HANA」などのソリューションによってデータ分析...(2015/2/13 提供:ノベル株式会社)

製品資料
ダウンタイムゼロへの3つのステップ
 グローバル企業から中小企業に至るまで、顧客、パートナー、従業員にサービスを24時間体制で提供する企業が増えている。Ponemon Institute社の調査『Calculating the Cost of Data Center Outages』(2011年5月)によると、「1分の計画外ダウンタイムに5000米ドルのコス...(2014/11/13 提供:ノベル株式会社)

事例
Linux導入事例集:「ダウンタイムゼロ」を目指す6社はなぜLinuxを選んだのか?
 あなたはシステムダウンタイムにどう対処しているだろうか? 今日の情報システム部門は常に継続的アクセスや需要の増大に対する要望に応えるというプレッシャーにさらされている。しかし、老朽化したサーバコンポーネントの交換、カーネルのパッチ適用、OSのアップグレ...(2014/11/13 提供:ノベル株式会社)

技術文書
なぜ、30年も使われ続けるのか!人気の開発用ソフトウェアでできることとは?
 30年変わらずに使われつづけるソフトウェアは珍しい。グラフィカルプログラミング構文を用いた「LabVIEW」 は、30 年にわたり、高度なテスト、計測、制御アプリケーションの開発用ソフトウェアとして、多くの技術者や研究者に使用されてきた。本資料では、グラフィカル...(2016/8/31 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

製品資料
次世代アプリの開発環境、オープンソース向けIT基盤を選ぶべき理由とは?
 今日では、オープンソースを軸とした新規プロジェクトは、開発に参加する個人、商業ベンダー、サービスプロバイダー、エンドユーザー企業などの取り組みや協力により、すぐに立ち上げることができるようになった。また、その開発基盤の信頼性も確立されてきており、マイ...(2016/8/23 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
アクセス集中による応答時間の遅延を解消、拡張性と運用コスト削減を両立するサーバ選び
 香港を拠点に展開するSLLIN Consultantsが提供する音楽ストリーミングアプリ「Hands in the Air(HITA)」は、x86サーバ上のLinux環境で運用されていた。しかし、同時接続ユーザーが300を超えるとシステムが対応できなくなり、許容できないレベルまで応答時間が長くなる...(2016/3/16 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
重要性が高まるアプリ実装の阻害要因とは? IDC調査から見えた傾向と対策
 ITインフラが抱える主な課題には、個々の要件に逐次対応したことで生じたサイロ化、データ保護機能やディザスタリカバリ製品のレガシー化による安全性の低下、マルチハイパーバイザー環境による複雑化などが挙げられる。従来のインフラ重視、アプリ軽視の姿勢を大きく変...(2016/4/13 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

製品資料
メモリとHDDの性能ギャップを埋める、SSDをキャッシュメディア化する効果とは
 データベースやログ記録などに大容量のSATA HDDを必要とする場合、ストレージI/Oの遅延がサーバのボトルネックとなりやすい。RAIDでの対応では処理の限界があり、大規模なトランザクション処理の際にサーバが対応できないときもある。しかし、ストレージの全面的なフラ...(2016/4/8 提供:デル株式会社)

製品資料
これから仮想化を導入する企業が押さえておきたい7つの製品選択ポイント
 これから仮想化を導入する企業が、適切な仮想化製品選択のため心掛けておきたいことは何だろうか。導入および運用コストや、強固なセキュリティ、信頼性、導入実績などチェックしておくべき項目は数多い。 本資料は、仮想化導入を検討中の企業に向けて、VMware製品の強...(2015/3/27 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
MacでのWindowsデスクトップ仮想化がもたらす作業効率の向上とコスト削減およびIT資産の活用法
 社内におけるMacユーザーの管理と、業務で必須なWindowsアプリケーションの利用を検討しなければならない場合、IT部門はどのような解決策を考えるべきだろうか。仮想化によるクロスプラットフォーム基盤の構築も選択肢の1つだ。MacとWindowsが1台のMacでシームレスに利...(2015/5/20 提供:パラレルス株式会社)

技術文書
OpenStack環境でネットワーク仮想化、最適な構築を実現する方法とは?
 サーバ仮想化にVMwareやXen、KVM、Hyper-Vなど異なる選択肢があるのと同様に、クラウド基盤のネットワーク仮想化においても、異なるマーケットセグメントに対応するソリューションが必要とされることは言うまでもない。特に大規模なデータセンターでは、テナントごとに...(2015/9/16 提供:レッドハット株式会社)

技術文書
x86サーバからPower Systemsへ、 Linuxアプリケーションやワークロードの高速化が実現
 OSを任意に組み合わせて稼働する「IBM Power Systems」は、仮想化ソリューション「IBM PowerVM」も統合して、優れた拡張性、柔軟性、堅牢性を実現している。Power Systemsは全てのモデルでLinuxが稼働するが、2012年に発表されたLinux専用サーバは、ビッグデータアナリ...(2015/7/13 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
135カ国に広がる OpenStackを取り巻く「オープンクラウドエコシステム」とは?
 プライベートクラウドを運用する組織や、クラウドサービス事業者による、IaaSに対するニーズの多様化がますます進んでいる。複数のクラウドシステムを連携させ、より柔軟なサービスを提供する、あるいはパブリッククラウドでは対応できない、さまざまなIaaS関連サービス...(2015/7/17 提供:デル株式会社)

製品資料
デスクトップ仮想化でMacとWindowsのシームレスな統合を実現
 社内におけるMacユーザーの管理と、業務で必須なWindowsアプリケーションの利用を検討しなければならない場合、IT部門はどのような解決策を考えるべきだろうか。仮想化によるクロスプラットフォーム基盤の構築も選択肢の1つだ。MacとWindowsが1台のMacでシームレスに利...(2015/2/6 提供:パラレルス株式会社)

レポート
社内システムのクラウド移行、オンプレミスと異なる気を付けたいポイント
 日本企業の間にも“クラウドファースト”の考え方が浸透し、パブリッククラウドの利用が拡大している。かつてのパブリッククラウドは、データがどこで運用されるか分からないという不安から、利用に二の足を踏む企業が少なくなかった。昨今では、日本国内のデータセンタ...(2015/6/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
従来型ストレージアプローチからの脱却! 基幹DB強化策のカギは「仮想化+フラッシュ」にあった
 企業が取り扱うデータは増加の一途をたどり、自社のビジネスを加速させたいと考える経営者やIT決裁者・担当者にとって基幹DBを安定的に、高速に運用するニーズは高まるばかりだ。SSDの普及によりDBの高速化が図れるようになったが、基幹DBへの本格採用となるとちゅうち...(2015/6/8 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
バックアップとリストアを大幅に迅速化、柔軟なスナップショット活用とは?
 システムが複雑化してデータ量が急激に増加していく中、バックアップ完了が翌日の始業に間に合わないというケースがある。定期的にバックアップデータをリストアし、正常に業務再開が可能かを検証するまで手が回らないためだ。 また企業システムでは、前日のデータが復...(2015/5/27 提供:デル株式会社)

レポート
バックアップ&リカバリソリューション、大規模な仮想マシン環境で望まれる「パフォーマンス」とは?
 仮想環境におけるバックアップおよびリカバリソリューションのパフォーマンスに問題があると、本番環境のリソース競合が発生し、障害が多発するなどシステムそのものの信頼性を損なう可能性がある。バックアップおよびリカバリソリューションの拡張性が仮想マシンの増加...(2015/5/18 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
クラウド内のアプリケーションワークロードを最適化する手法
 今日の企業には、イノベーションが求められている。ビジネスを変革して俊敏性を向上させ、クラウドで新しい収益の流れを構築し、確かなビジネス成果を実現しようとする動きだ。 企業が日常的なビジネスプロセスをクラウドに移行する目的は、カスタマーエクスペリエンス...(2015/4/27 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
次世代データセンターのためのサーバ製品導入戦略ガイド
 データセンターに新たなトレンドが押し寄せようとしている。 コンパクトなコンテナに必要な機能を集約した「マイクロデータセンター」、小型のSoC チップを利用した「マイクロサーバ」、Xeon に取って変わろうとしているさまざまなプロセッサ。 本製品ガイドでは、デ...(2015/4/22 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
自社開発アプリのモバイル化、開発時間を短縮する方法とは?
 アプリケーションのモバイル対応は、広義のアプリケーショントランスフォーメーションの一部として位置付けられることが多い。これまでPCのみで従業員や顧客が利用していたアプリケーションをモバイル対応することによって、BYOD(個人所有デバイスの業務利用)がサポー...(2015/4/17 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

講演資料
Azure IaaS化の前に読んでおきたいファイルサーバ復習ガイド
 Microsoft Azureの日本データセンターのオープンに伴い、ファイルサーバのAzure IaaS化を検討している企業も多いのではないだろうか。だが、単にファイルサーバをIaaSに移動するだけで終わってしまうのではなく、この機会にファイルサーバの機能について改めて確認して...(2015/1/14 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
知らなかったでは済まされない「Windows Server 2003」移行の落とし穴と「Windows Server 2012 R2」の新常識
 米Microsoftのサーバ向けOS「Windows Server 2003」の延長サポートが2015年7月14日(米国時間)に終了を迎える。多くの企業では新しいサーバへの移行を始める時期がきている。しかしながら、どこから手を付けたらいいのか分からないというケースも少なくないはずだ。 ...(2015/3/18 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
SUSE Linux Enterprise Server 10――Xenによる仮想化と使用例
 肥大化するシステムの効率的な運用やシステムの永続利用、ハードウェアの導入コストの削減のほか、サーバスペースの確保や電力・発熱問題への解決策としてますます注目が集まっている仮想化技術。 本資料はNovell SUSE Linux Enterprise 10から搭載されたXen仮想化テク...(2007/10/31 提供:ノベル株式会社)

製品資料
1秒未満で改ざんを検知、復旧。常時監視ツールでWebサイト改ざんをほぼゼロに
 企業のWebサイトの改ざんが増え、その手口も巧妙になり、改ざんの目的も単なるいたずらから金銭目的へと方向を変えている。改ざんを受けた企業は、直ちに公的機関に届け出て、サイトを閉鎖し、被害者対応しながら、原因究明や防衛策を検討した後、サイトを復旧し、よう...(2015/1/6 提供:デジタル・インフォメーション・テクノロジー株式会社)

レポート
サーバ/サーバOSの信頼性調査が示す“最大限のアップタイムを実現する9つの方法”
 1990年代半ばは、サーバあたりのダウンタイム約88時間に相当する、アップタイム99%でも許容範囲だった。だが、ネットワークへの常時接続が当たり前となった今日では、99.9%の可用性でも許されない。企業だけでなく、エンドユーザー、顧客、取引先まで、いつどこからで...(2014/9/19 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
オンプレミスとクラウド、ハイブリッド環境におけるデータ統合の課題を解決
 クラウドコンピューティングは、ここ数年で急激に企業利用のリソースとして浸透し、SFAやCRMだけでなく、基幹業務における導入も拡大している。新しいサービスやシステムの開発において、まずはクラウド上での実装を考える「クラウドファースト」が一般的になりつつある...(2014/10/29 提供:Talend株式会社)

技術文書
複雑化した企業システムをシンプル化――インメモリコンピューティングSAP HANAの技術解説
 SAP HANAは、インメモリ技術を生かした超高速なデータベースだが、その本質は既存のデータベースという概念に収まるものではない。アプリケーションサーバを内包し、リアルタイムBIとしての特性を持つSAP HANAは、今やリアルタイムデータプラットフォームとしてあらゆる...(2014/10/3 提供:SAPジャパン株式会社)

Loading