2013年05月10日 08時00分 公開
特集/連載

統合プラットフォーム製品ベンダー“ビッグスリー”の強みと弱み各社自慢の統合インフラを徹底比較(後編)

ITインフラをシンプルにし運用管理を効率化するとして企業の注目を集めている統合プラットフォーム製品。Cisco、VCE、NetAppの製品を紹介した前編に続き、後編ではDell、IBM、Hewlett-Packardの製品を紹介する。

[Bob Plankers,TechTarget]

 「ITインフラの複雑化は好ましくない」という認識の浸透を受けて、ストレージ、ネットワーク、コンピューティングリソースを、1つのユニットに統合して提供する統合プラットフォーム製品が注目を集めている。ただ、データセンターの管理者が描く統合インフラの将来像がさまざまであるのと同様、ベンダー各社の製品特性もそれぞれ異なる。自社のデータセンター効率化に最適な製品を選ぶためには、各ベンダー製品の違いを見極めておく必要がある。

 前編「今、最もお買い得な統合プラットフォーム製品はどれ?」ではCisco Systems、VCE、NetAppの統合プラットフォーム製品の概要を紹介した。今回は“ビッグスリー”ベンダーである米Dell、米IBM、米Hewlett-Packard(以下、HP)の製品を紹介する。

ITmedia マーケティング新着記事

news069.jpg

「サブスク疲れ」を超えて広がるOTTメディアとモバイル広告のこれから
現在のOTTはサブスクリプションモデルが主流です。しかし、長期的にはストリーミングコン...

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...