2012年12月25日 08時00分 公開
特集/連載

ニコンが採用、100万人規模の認証にも耐える「RSA Access Manager」SSO製品紹介【第5回】EMCジャパン編

EMCジャパンの「RSA Access Manager」は、豊富な認証強化手段と、100万ユーザーの大規模運用の実績がウリのシングルサインオン製品だ。製品の詳細を同社担当者に聞いた。

[谷崎朋子]

 EMCジャパンの「RSA Access Manager」は、大規模環境での稼働実績が多く、利用可能な認証方法が豊富なシングルサインオン(SSO)製品だ。同製品の特徴について、EMCジャパン RSA事業本部/マーケティング部 プリンシパルマーケティング・プログラムマネージャーの水村明博氏に話を聞いた。

製品の概要

 EMCジャパン RSA事業本部の前身であるRSAセキュリティがSSO市場に参入したのは、米Securant Technologiesを買収した2001年のことだ。SecurantのWebアクセス管理(WAM)製品「ClearTrust」は、「RSA ClearTrust」を経てRSA Access Managerへと名称を変え、現在はEMCジャパンRSA事業本部のSSO製品の中核を担う。IDフェデレーション製品の「RSA Federation Identity Manager」も別途提供する。

RSA Access Manager:エージェントやアクセス制御に強み

写真 EMCジャパンの水村明博氏

 RSA Access Managerは、エージェント型とリバースプロキシ型の両方を利用できるハイブリッドタイプのWAMだ(エージェント型とリバースプロキシ型のWAMの違いについては「【製品動向】『付せんでID管理』を一掃するシングルサインオン(SSO)」を参照)。水村氏は、中小規模環境であればプロキシ型も有効だとしつつ、大規模環境ではパフォーマンス面でエージェント型の利用を推奨することが多いと話す。

 エージェント型WAMの肝は、利用可能なプラットフォームの充実度だ。RSA Access Managerは、WindowsやRed Hat Enterprise Linux、Oracle Solaris、IBM AIX、SUSE Linux Enterpriseといった各種OS、各種Webアプリケーションサーバ向けにエージェントを用意する。ユーザー企業からの要望を受けてエージェントを新規開発することもあるという。

 この他、RSA Access Managerは、ユーザーの組織変更や人事異動といったステータスをリアルタイムにチェックして状況に合ったアクセス制御を可能にする「SmartRules」といった機能を用意。カスタマイズを可能にするAPIも提供する。

RSA Federated Identity Manager:主要ベンダーのWAMと連係、クラウド版も登場か

 2007年に提供開始したRSA Federated Identity Managerは、単体で購入可能なIDフェデレーション製品だ。同社をはじめとする主要ベンダーのWAM製品と連係して動作する。

 国内発売は未定だが、米EMCは、IDフェデレーション機能のクラウドサービス「RSA Adaptive Federation」を提供している。RSA Adaptive Federationは、米VMwareのアプリケーション統合管理製品「VMware Horizon Application Manager」を基盤とするIDフェデレーションサービスだ。クラウドサービス同士の認証連係のニーズが今後活性化することを見越して提供するサービスである。

他社製品に対する特徴:豊富な認証機能との連係がウリ

 RSA Access Managerの強みは、さまざまな認証製品との連係が可能なことだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...

news021.jpg

中国Z世代の心をつかむ「bilibili」、越境マーケティングにどう活用する?
「bilibili」のKOL(インフルエンサー)を活用したマーケティング手法と事例について、ア...