2012年06月25日 09時00分 公開
特集/連載

ハイブリッドクラウドのセキュリティと利便性を高める「IDaaS」とは認証管理とアプリ配信機能で安全性を確保

クラウドとオンプレミスを組み合わせたハイブリッドクラウド。その利便性を維持しつつ安全性を高める手段が、認証機能やアプリ配信機能を持つ「IDaaS」だ。その現状を解説する。

[James Furbush,TechTarget]

 ITのコンシューマー化とクラウドの出現に伴い、エンドユーザーに対するコントロールをいかに維持するかが今日のIT部門の最大の課題の1つになった。認証管理とアプリケーション配信に対する新たな手法が登場したことで、IT管理者はある程度負担を軽減できそうだ。

 「Identity as a Service(IDaaS)」(サービスとしての認証管理)プラットフォームは、レガシーアプリケーションとWebアプリケーションをセキュアなポータルからエンドユーザーへ配信する。一方でIT部門には、従業員ごとにアクセス可能な社内リソースを制限する手段を提供する。

 「認証管理とアプリケーション配信の組み合わせは、IT管理の新たな時代の到来を予感させる」と指摘するITプロフェッショナルもいる。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

AI活用で日本が米国に追い付く――PwC調査
PwC Japanグループが日本で実施した調査の結果から、日本企業によるAI活用が大きく進み、...

news036.jpg

SaaS企業の成功メソッド「PLG」を実践するための組織作りとは?
成長を続けるSaaS企業には組織としての共通点がある。それは具体的にどのようなものだろ...

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...