2019年07月18日 05時00分 公開
特集/連載

分散ストレージソフト「Ceph」の利点【後編】「Ceph」を高速化する方法と、Windows環境で使う方法

分散ストレージソフトウェア「Ceph」のパフォーマンスを高めるには、どうすればよいのか。Windows環境でCephを扱う手段とは。簡潔に紹介する。

[Stacey Peterson,TechTarget]
画像

 前編「分散ストレージソフト「Ceph」とは? 「Swift」「GlusterFS」との違いは」では、分散ストレージソフトウェア「Ceph」が、「Swift」「GlusterFS」など類似するソフトウェアとどのように異なるのかを説明しつつ、その特徴を解説した。Cephはオープンソースのストレージソフトウェアとして利用することもできるし、Red HatやSUSE Linuxといったベンダーが提供する商用ディストリビューションとして利用することもできる。

 後編ではCephのオープンソース版と商用ディストリビューション版の違いや、Cephのパフォーマンスを高める方法、Windows環境でCephを利用する方法などを説明する。

「Ceph」のオープンソースと商用ディストリビューション

 ソースコードを変更しない限り、Cephはオープンソースソフトウェアとして任意のSDS(ストレージ仮想化ソフトウェア)に無料で組み込める。Cephにはスタートアップガイドが用意されている。ユーザーはスタートアップガイドの手順に沿えば、オープンソースのCeph環境を容易にセットアップできる。

 これは多少の専門知識を要するため、複雑な手順だと感じることもあるだろう。Cephの商用ディストリビューションがあるのはそのためだ。商用ディストリビューションは導入がさらに簡単になっており、ベンダーサポートも利用できる。

 Cephには2つの代表的な商用ディストリビューションがある。Red Hatの「Red Hat Ceph Storage」とSUSE Linuxの「SUSE Enterprise Storage」だ。この2つの商用ディストリビューションには技術的な違いがある。SUSE Enterprise Storageは、別のシステムからCephのストレージクラスタへ接続するための「Ceph iSCSI Gateway」を用意している。Red Hat Ceph Storageは、設定と構成を簡単に進めるための構成管理ツールとして「ceph-ansible」を組み込んでいる。

Cephのパフォーマンスを最適化する方法

ITmedia マーケティング新着記事

news017.jpg

消費財メーカーを悩ませる「店舗」という大問題、SaaSならどう解決できる?
小売業が激動する時代の消費財メーカーにSaaSができることは何か。Salesforceの新製品「C...

news035.jpg

企業の魅力は人の魅力――電通パブリックリレーションズ「第4回魅力度ブランディング調査」
電通パブリックリレーションズ内の企業広報戦略研究所は、生活者1万人を対象とした「第4...

news023.jpg

UberとLinkedInが初ランクイン テクノロジーブランドはなぜ強い?――「Best Global Brands 2019」
世界のブランド価値評価ランキング「Best Global Brands 2019」トップ3は不動のApple、Go...