2014年12月08日 12時00分 UPDATE
特集/連載

リスクを評価し、考えられる問題に対処する重要アプリをクラウド化して後悔しないための5つのステップ

重要なアプリケーションをパブリッククラウドに移行することを乗り越えられない壁と見なす企業もある。だが、予防措置によって、極めて重要なワークロードの移行もスムーズに行うことができる。

[Stephen J. Bigelow,TechTarget]
tt_aa_kaigai.jpg

 パブリッククラウドは、一部の業務アプリケーションのホスティング先として好評を博している。クラウドでは、迅速なプロビジョニングと大きなスケーラビリティが約束されている。大量のリソースを消費するワークロードは爆発的に増加しているが、このようなワークロードにうってつけで、自社のデータセンターに過度の緊張を強いることもない。だが、元来ハイブリッド/パブリッククラウドは、優先度の低いテスト中または開発中のアプリケーション用の環境として使用されてきた。それから、ある程度のダウンタイムを許容できる汎用的な業務アプリに使用される場合もある。

ITmedia マーケティング新着記事

news007.jpg

電通デジタル、日本企業のデジタルトランスフォーメーション&デジタルマーケティングに関する調査を実施
電通デジタルが実施した「デジタルトランスフォーメーションとデジタルマーケティングの...

news048.jpg

Facebook活用で地方創生、神戸市の取り組みで見えた成果と課題とは?
フェイスブック ジャパンと神戸市が2018年7月に提携した「地域経済・地域コミュニティ活...

news035.jpg

スパイスボックスがAIを活用したフォロワー獲得サービス、ブランドと親和性の高いユーザーに「いいね!返し」
スパイスボックスは、AIスタートアップ企業AIQが蓄積するInstagram約700万アカウントのプ...