2014年12月08日 12時00分 UPDATE
特集/連載

リスクを評価し、考えられる問題に対処する重要アプリをクラウド化して後悔しないための5つのステップ

重要なアプリケーションをパブリッククラウドに移行することを乗り越えられない壁と見なす企業もある。だが、予防措置によって、極めて重要なワークロードの移行もスムーズに行うことができる。

[Stephen J. Bigelow,TechTarget]
tt_aa_kaigai.jpg

 パブリッククラウドは、一部の業務アプリケーションのホスティング先として好評を博している。クラウドでは、迅速なプロビジョニングと大きなスケーラビリティが約束されている。大量のリソースを消費するワークロードは爆発的に増加しているが、このようなワークロードにうってつけで、自社のデータセンターに過度の緊張を強いることもない。だが、元来ハイブリッド/パブリッククラウドは、優先度の低いテスト中または開発中のアプリケーション用の環境として使用されてきた。それから、ある程度のダウンタイムを許容できる汎用的な業務アプリに使用される場合もある。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news071.jpg

ビジネスサーチテクノロジ、ECサイト内検索ガジェット「ポップファインド」を提供開始
ビジネスサーチテクノロジは、ECサイト内検索ガジェット「ポップファインド」の提供を開...

news018.jpg

刺さる企業動画とは? ONE OK ROCK出演のHondaJet CMがブランド部門1位──エビリー調査
エビリーは2018年第1四半期のYouTube企業動画ランキングを発表。ONE OK ROCK出演の本田技...

news020.jpg

「ABMは営業視点のマーケティング」の真意とは?――庭山一郎氏×佐久間 衡氏
日本のB2Bマーケティングをけん引する論客2人が、ABMで成果を出すための本質的な考え方に...