2014年12月10日 15時00分 UPDATE
特集/連載

トラブルが起きてからでは後の祭り「Windows Server 2012 R2」へのサーバ移行、最低限の準備はこれだ

OSをアップグレードする際のトラブルを避けるには、作業を開始する前に十分な準備をしておかねばならない。「Windows Server 2012 R2」に移行するに当たって準備すべきことをまとめた。

[Stephen J. Bigelow,TechTarget]
1209_kf_windows_190.jpg

 OSのアップグレードには混乱が付きものだ。その混乱を最小限にとどめ、問題が発生してもスムーズに元の状態に復元できるよう、必要な準備を怠ってはならない。

 準備の第一歩は、作業の概要を把握することだ。アップグレードを何度も経験したことがあっても、検証用のシステムでアップグレードと復元のテストを実施することが望ましい。その際、ホストシステムだけでなく、仮想マシン(VM)のアップグレード(新しいOSに対応したプロビジョニングの変更を含む)も行う必要がある。こうしたテストを実施することは、本番システムのアップグレードに先立って、ITスタッフが作業手順を再確認するとともに、問題発生時の対処法を見つけるのに役立つ。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news075.jpg

KPIの到達可能性をAIが判断して広告配信を自動最適化、マイクロアドが「UNIVERSE FFM Version1.0」を提供
マイクロアドは、「UNIVERSE フルファネルマネジメント Version1.0」を提供開始した。

news061.jpg

マーケティングオートメーション×LPO トライベック・ストラテジーとデータアーティストがツール連携
トライベック・ストラテジーとデータアーティストは、それぞれが提供するツールの連携を...

news053.jpg

電通デジタルとビービット、マーケティングオートメーションのシナリオをPDCAで支援する独自メソッド提供
電通デジタルはビービットと共同で、デジタル行動観察ツール「ユーザグラム」を活用し、...