2014年12月02日 12時00分 UPDATE
特集/連載

「Windows XP」サポート終了とはここが違う「Windows Server 2003」移行で注意したい“深い落とし穴”

米Microsoftのサーバ向けOS「Windows Server 2003」のサポート終了が近づき、新しいサーバへの移行準備を始める時期が来ている。どう始めればよいのか。考慮すべき点とその指針を解説する。

[Jonathan Hassell,TechTarget]
1201_kf_windows_server_190.jpg

 米Microsoftのサーバ向けOS「Windows Server 2003」のサポートが2015年7月に終了する。残すところ約8カ月しかなく、その期限は刻々と迫っている。

 クライアントPC向けOS「Windows XP」のサポート終了は大きな話題を呼んだが、サーバ向けOSであるWindows Server 2003のサポート終了に対する注目度はそれには到底及ばない。その主な要因は、Windows Server 2003を搭載した大抵のサーバがきちんと安定稼働を続けているためだ。そのシステムは堅牢で、今では公開されるパッチもあまりない。また稼働するソフトウェアも一般的に使い込まれ、メンテナンスの労力もさほど掛からない。

 Windows Server 2003からの本格的な移行を始めるに当たっては、以下の考慮点と指針を踏まえて考え方をまとめて、プロジェクトの出発点を設定しよう。

Windows Server 2003から移行すべきサーバの優先順位

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news075.jpg

KPIの到達可能性をAIが判断して広告配信を自動最適化、マイクロアドが「UNIVERSE FFM Version1.0」を提供
マイクロアドは、「UNIVERSE フルファネルマネジメント Version1.0」を提供開始した。

news061.jpg

マーケティングオートメーション×LPO トライベック・ストラテジーとデータアーティストがツール連携
トライベック・ストラテジーとデータアーティストは、それぞれが提供するツールの連携を...

news053.jpg

電通デジタルとビービット、マーケティングオートメーションのシナリオをPDCAで支援する独自メソッド提供
電通デジタルはビービットと共同で、デジタル行動観察ツール「ユーザグラム」を活用し、...