2014年06月24日 12時00分 公開
特集/連載

XPだけではない 今そこにある「Windows Server 2003」危機をどう切り抜ける?中堅・中小企業が直面する「Windows Server 2003」の2015年問題(1)

「Windows Server 2003」の製品サポートが2015年7月に終了する。中堅・中小企業のIT担当者にとっては、運用中のサーバをどうするか頭を悩ませている人も少なくない。来たるべき「2015年問題」に対処する方策を探る。

[山市 良]

 2015年7月に全ての製品サポートが終了する「Windows Server 2003」は、今もなお現役サーバとして、国内で数十万台《※1》稼働しているといわれている。中堅・中小企業のIT担当者の中には、運用中のWindows Server 2003ベースのサーバをどうするか、頭を悩ませている人も少なくないだろう。人員や予算が限られる中、コストを抑制しながら、来たるべき「2015年問題」に対処する方策を探る。

※1 2013年時点の予測では、国内のx86サーバ稼働台数は223万台で、うちWindows Server 2003またはそれ以前のサーバOSを実行するものは約36万台と全体の16.2%を占める。出典:IDC Japan 2013年Q2 Quanterly Server Forecast

Windows Server 2003の製品ライフサイクルの終了

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...

news157.jpg

自粛期間中の3大ストレスは「マスク着用」「運動不足」「外食ができない」――サイバーエージェント調査
サイバーエージェント次世代生活研究所が全国3094人を対象に実施した意識調査第2弾。