2014年07月29日 12時00分 公開
特集/連載

Windows XP移行の悪夢がよみがえる“惰性”が生む「Windows Server 2003」継続利用の悲惨な結末

延長サポートの終了が近づく「Windows Server 2003」。多くの企業が最新OSへの移行を進めている。だが、移行コストや社内の慣習など、中には決して容易に決断できない状況もある。果たして移行を阻む原因とは何だろうか。

[Ed Scannell,TechTarget]

 米MicrosoftのサーバOS「Windows Server 2003」のサポート終了が近づいている。そのため、多くの企業は「Windows Server 2012」などの最新プラットフォームに移行を進めている。だが、その中には決して容易に決断できない状況もある。

 そうした要因の1つに、全体的な移行コストがある。これにはハードウェアの大規模アップグレードや必要不可欠な更新作業が含まれる。既製または社内開発された16ビット/32ビットアプリケーションが更新作業の対象となり、64ビットのOS環境に対応させる必要がある。

 移行が必要不可欠と見なされない要因は複数ある。1つは社内に根付いている惰性、もう1つはITシステムに対する時代遅れの考え方だ。IT予算を拡大するよりも、最新のデータセンターテクノロジーに関する教育を行った方が有効な打開策になるという見方もある。

ITmedia マーケティング新着記事

news113.jpg

新型コロナウイルス感染拡大に関する不安 「経済への打撃」が「多くの死者が出ること」を上回る
McCann Worldgroupが世界14カ国で実施した意識調査の結果、政府の対応体制が「整っている...

news145.jpg

「70歳までの就労意識」をテーマとした調査を実施――富国生命調査
長期的に働く上でのリスクトップ3は「病気」「就業不能状態」「入院」。