2014年11月11日 12時00分 UPDATE
特集/連載

SMBが検討すべきWindows Server 2003移行のポイント【第2回】「Windows Server 2003」移行は誰が、いつ、何をすべきか

「Windows Server 2003」からのサーバ移行を考える際、全ての移行作業を自社で行う場合や一部を外部委託する場合など、さまざまなケースがある。果たして、どのタイミングで誰が何を担うべきなのだろうか。

[岩上由高,ノークリサーチ]

 前回(「Windows Server 2003」移行であらためて考えたい“サーバ仮想化”)では、「Windows Server 2003」からの移行に際し、サーバ仮想化の活用を検討することのメリットについて解説した。だが、そうした高度なサーバ移行の計画立案や実作業の全てを中堅・中小企業が自ら担うことは難しいかもしれない。必要に応じてITの専門家である販社/システムインテグレーター(SIer)の力を借りるのが確実といえるだろう。

 そこで今回は、Windows Server 2003からの移行において、「どのタイミングで誰が何を担うべきか?」について考えていくことにする。

2014年後半は「移行作業の段取りに問題がないか」を見直す良いタイミング

ITmedia マーケティング新着記事

news042.jpg

電通テックとトライベック・ストラテジー、「クイックデジマ」を共同で販売開始
デジタルマーケティング施策を実施する上で必要最低限の機能をパッケージ化し、低価格で...

news010.jpg

テレビ視聴に関するアンケート調査――スカパーJSAT
スカパーJSATは、全国の10〜60代の男女を対象に「テレビ視聴に関するアンケート調査」を...

news143.jpg

広告運用支援ツール「AdNote」がバージョンアップ 予算調整、カスタムレポート、分析の業務を自動化
ブレインパッドは、広告運用支援ツール「AdNote」のバージョンアップを発表した。