2014年11月18日 15時00分 UPDATE
特集/連載

オンプレミスか、クラウドかサポート終了が迫る「Windows Server 2003」、悩ましい移行先の選定

米Microsoftは2015年7月に「Windows Server 2003」のサポートを終了する。アップグレードは単純に同社の新しいサーバOSを導入するよりも複雑だ。

[Ed Scannell,TechTarget]
ik_tt_win2003.jpg

 米Microsoftの「Windows Server」のアップグレードに関する判断は、比較的単純なものだった。オンプレミスのサーバが古くなり、増大するアプリケーションやデータの負荷に耐えられなくなってくると、多くのIT担当者はMicrosoftに問い合わせて、次のバージョンのWindows Serverを評価し始めるというのが従来のプロセスだった。

 ただし、2014年の時点で「Windows Server 2003」を使用している企業にとって、アップグレードの判断を下すことは、それほど容易ではない。現在もWindows Server 2003は120万台のサーバで稼働していると推測されている。多くのユーザーはクラウドコンピューティングと仮想化の導入に対応している。そのため、アップグレードの戦略的な代替手段は、高額な新しいバージョンのWindows Serverの導入だけではなくなっている。Windows Serverの移行に関する判断は計画を再検討する口実になるという人もいる。対象になるのは、新しいクラウド戦略の推進や既存戦略の作り直しなどだ。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news002.jpg

ユーザーと共に作る広告、期待と課題は? JIMOS担当者と語る
UGC(ユーザー生成コンテンツ)を広告に活用している企業ではどのような効果や課題を感じ...

news095.png

フロムスクラッチ、「b→dash」にGUIで自由にデータマートを作成できる新機能を追加
フロムスクラッチは、マーケティングプラットフォーム「b→dash」において、データウェア...

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...