2014年11月18日 15時00分 UPDATE
特集/連載

オンプレミスか、クラウドかサポート終了が迫る「Windows Server 2003」、悩ましい移行先の選定

米Microsoftは2015年7月に「Windows Server 2003」のサポートを終了する。アップグレードは単純に同社の新しいサーバOSを導入するよりも複雑だ。

[Ed Scannell,TechTarget]
ik_tt_win2003.jpg

 米Microsoftの「Windows Server」のアップグレードに関する判断は、比較的単純なものだった。オンプレミスのサーバが古くなり、増大するアプリケーションやデータの負荷に耐えられなくなってくると、多くのIT担当者はMicrosoftに問い合わせて、次のバージョンのWindows Serverを評価し始めるというのが従来のプロセスだった。

 ただし、2014年の時点で「Windows Server 2003」を使用している企業にとって、アップグレードの判断を下すことは、それほど容易ではない。現在もWindows Server 2003は120万台のサーバで稼働していると推測されている。多くのユーザーはクラウドコンピューティングと仮想化の導入に対応している。そのため、アップグレードの戦略的な代替手段は、高額な新しいバージョンのWindows Serverの導入だけではなくなっている。Windows Serverの移行に関する判断は計画を再検討する口実になるという人もいる。対象になるのは、新しいクラウド戦略の推進や既存戦略の作り直しなどだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news056.jpg

デジタル投資の意思決定、キーパーソンはCFOに――アクセンチュア調査
アクセンチュアの最新調査によると、企業のデジタル投資に関する意思決定でCFO(最高財務...

news149.jpg

ファッションサブスクリプションの「メチャカリ」、チームラボ開発のAIチャットbotを導入
ストライプインターナショナルは、ファッションサブスクリプションサービス「メチャカリ...

news125.jpg

日本型ユニコーン企業を目指す「ハイブリッドスタートアップ」という考え方
日本の未来を開くスタートアップのエコシステムとはどのようなものか。