2014年07月08日 12時00分 公開
特集/連載

直前にバタバタしないために今すぐ着手をXP移行に懲りた人のための「Windows Server 2003」“引退”成功術

「Windows Server 2003/2003 R2」の延長サポートが2015年7月14日(米国時間)に終了する。企業は今、Windows Server 2003の“引退”を見越した対策を練らねばならない。本稿ではその理由を説明する。

[Michael Cobb,TechTarget]

 「Windows Server 2003/2003 R2」の延長サポートが2015年7月14日(米国時間)に終了する。Windows Server 2003はサーバ分野における「Windows XP」に相当するといえる。業界の専門家は、いまだにWindows Server 2003が動作しているマシンが1000万台以上あり、その多くでミッションクリティカルなサービスが使用されていると見ている。

 米Microsoftはサポート終了への注意喚起を積極的に行っているが、多くの企業では、Windows Server 2003の“引退”を見越した対策を打っていない。何かが変わらなければ、お決まりの展開になる。土壇場でWindows XPからの移行が駆け込みで行われたのと同じことが繰り返されるだろう。

 本稿では、Windows Server 2003のサポート終了後に発生するであろうセキュリティ問題に加え、企業が利用できるアップグレードの選択肢と、今から移行に着手すべき理由を説明する。

Windows Server 2003のセキュリティ:待ち構える問題

ITmedia マーケティング新着記事

news113.jpg

新型コロナウイルス感染拡大に関する不安 「経済への打撃」が「多くの死者が出ること」を上回る
McCann Worldgroupが世界14カ国で実施した意識調査の結果、政府の対応体制が「整っている...

news145.jpg

「70歳までの就労意識」をテーマとした調査を実施――富国生命調査
長期的に働く上でのリスクトップ3は「病気」「就業不能状態」「入院」。