2015年01月14日 08時00分 UPDATE
特集/連載

医療IT最新トピック日本人の死因上位「がん」「循環器疾患」などの予防、克服を目指すプロジェクトが始動

大崎市民病院や長野市民病院のシステム刷新事例、富士通と国立高度専門医療研究センターらの共同研究、JINSとオムロンソフトウェアが取り組むアイウェア端末の開発など、医療IT関連の最新トピックを紹介します。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]
jo_tt_150114_md0.jpg

 「IT化が他分野より10年遅れている」ともいわれる医療業界だが、関連技術や製品、サービスは日々進化している。医療IT関連の動向を紹介する「医療IT最新トピック」。今回は、大崎市民病院や長野市民病院のシステム刷新事例、健康長寿社会の実現に向けた富士通と国立高度専門医療研究センター、東京医科歯科大学の共同研究、メガネブランド「JINS」のジェイアイエヌとオムロンソフトウェアが取り組むアイウェア端末の開発などを取り上げる。

業務日報機能でクリニック経営の改善を支援、メディ・ウェブ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news118.jpg

AdRollが日本でも「ネイティブ広告」の販売を開始
AdRollは、米国にて提供中の「ネイティブ広告」のサービス提供を日本でも開始した。

news050.jpg

Twitter上でユーザーとのコミュニケーションを自動化、サイバーエージェントがサービス提供
サイバーエージェントは、Twitter上での企業とユーザーのコミュニケーションを自動化する...

news122.jpg

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...