2015年10月22日 12時00分 UPDATE
特集/連載

21世紀でも成功するための手段とは新聞ビジネスと生物学は同じ? New York Timesが取り組んだデータ分析とは

インターネットの登場によって、ほとんどの印刷媒体が苦戦する中、New York Timesは、データ分析で有利に進めている。その手法とは一体どのようなものなのだろうか。

[Ed Burns,TechTarget]
tn_tt_NYT.jpg New York Timesの公式Webページ《クリックで拡大》

 21世紀に入ってからインターネットは印刷媒体に取って代わってきた。インターネットが多くの読者にとっての主要なニュース源となり、印刷媒体を中心に事業を進めていた大部分の報道機関は売り上げが急減した。広告主が新聞紙面の広告スペースに対して高額な料金を支払う意欲は薄れる一方でインターネット広告はまだ実績が少ない。報道機関はそうした状況への対応を迫られている。

 多くはまだ、ニュース配信の新事業を軌道に乗せられずにいる。そうした中で、米New York Times紙は、この状況に順応する取り組みとして、予測アナリティクスをビジネスモデルの中心に据え始めた。購読者を増やす努力からソーシャルメディアを使った記事の宣伝に至るまで、同社は予測モデルを手掛かりにして多くの事業上の意思決定をしている。このアプローチによって、21世紀も20世紀と同様の成功を目指している。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news071.jpg

フィードフォース、セルフサービスでデータフィードの作成・管理が可能なプラットフォームを提供
フィードフォースは、データフィードの作成・管理・最適化を広告担当者自身で行うことの...

news081.jpg

Facebook広告にオフラインでの行動データを活用、アクシオムがデータ提供
フェイスブックジャパンとアクシオムジャパンは、アクシオムが提供するオフラインでの消...

news063.jpg

Web接客の「KARTE」がB2B向け活用も視野に「Marketo」と連携
プレイドは、同社が提供するWeb接客プラットフォーム「KARTE」とマルケトが提供するマー...