2016年02月29日 12時00分 UPDATE
特集/連載

Windowsとクラウドの新時代【後編】クラウドでWindowsを動かすのに“見なかったふり”はできない問題

企業のIT部門が社外サーバにWindowsベースのワークロードを積極的に移行しようとしている。そこで問題になるのがWindowsのライセンスと既存パブリッククラウドとの“相性”だ。

[Kristin Knapp,TechTarget]

 クラウド環境においてWindowsのライセンスはどうなるのだろうか。当然のことながら、クラウドプロバイダによってその扱いは異なる。

 例えば、「Amazon EC2」でWindowsソフトウェアを動作したいAWSのユーザーは、関連するWindowsライセンス料金を総合価格に組み込んでいるインスタンスを実行できる。また「SQL Server」や「SharePoint」などのWindowsソフトウェアの場合は、既存のMicrosoftライセンスをAWSに持ち込める。

 だが2nd Watchのブリースナー氏によると、ユーザー企業が保有するWindows ServerライセンスをAWSに移行するための現実的な選択肢があるとは限らないという。

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

博報堂DYメディアパートナーズとDAC、業種特化型マーケティングソリューションの開発を開始
博報堂DYメディアパートナーズとDACは共同で、専門的な情報に特化したWebメディアと協業...

news033.jpg

広告運用の自動化 できることとできないこと
日本の広告運用の現場にも自動化がようやく浸透し始めています。とはいえ、全てが自動化...

news069.jpg

デジタル広告の効果測定、7割の広告主が「Cookieだけでは足りない」――サイカ調査
クッキーだけでは足りないといっても、子どものおやつへの不満ではありません。もっとず...