2016年02月29日 12時00分 UPDATE
特集/連載

Windowsとクラウドの新時代【後編】クラウドでWindowsを動かすのに“見なかったふり”はできない問題

企業のIT部門が社外サーバにWindowsベースのワークロードを積極的に移行しようとしている。そこで問題になるのがWindowsのライセンスと既存パブリッククラウドとの“相性”だ。

[Kristin Knapp,TechTarget]

 クラウド環境においてWindowsのライセンスはどうなるのだろうか。当然のことながら、クラウドプロバイダによってその扱いは異なる。

 例えば、「Amazon EC2」でWindowsソフトウェアを動作したいAWSのユーザーは、関連するWindowsライセンス料金を総合価格に組み込んでいるインスタンスを実行できる。また「SQL Server」や「SharePoint」などのWindowsソフトウェアの場合は、既存のMicrosoftライセンスをAWSに持ち込める。

 だが2nd Watchのブリースナー氏によると、ユーザー企業が保有するWindows ServerライセンスをAWSに移行するための現実的な選択肢があるとは限らないという。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news002.jpg

ユーザーと共に作る広告、期待と課題は? JIMOS担当者と語る
UGC(ユーザー生成コンテンツ)を広告に活用している企業ではどのような効果や課題を感じ...

news095.png

フロムスクラッチ、「b→dash」にGUIで自由にデータマートを作成できる新機能を追加
フロムスクラッチは、マーケティングプラットフォーム「b→dash」において、データウェア...

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...