2016年04月25日 15時00分 UPDATE
特集/連載

コミュニティー活動で魅力を伝える27歳と47歳、メインフレームに魅了される2人のエンジニアが語ること (1/2)

47歳のメインフレームプログラマーが部署の中で最年少だとしたら、もっと努力をして若いIT担当者をメインフレーム関連の仕事に引き込む必要があるのではないだろうか?

[Robert Gates,TechTarget]
イメージ

 アンドレ・シュライバー氏は、Microsoftの「Windows Server」などに携わるIT担当者になると信じて育った若者だ。

 現在、27歳のシュライバー氏はIBMのメインフレーム「System z」のトランザクション処理用ミドルウェア「Customer Information Control System」(CICS)のプログラマーとして働いている。

 シュライバー氏も彼の友人もWindowsのことは知っていたが、メインフレームは全く未知の世界だった。初めてメインフレームを使ったとき、「メインフレームに関わる仕事がしたいと強く感じた」と同氏は振り返る。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news118.jpg

PR TIMES LIVE、「TechCrunch Tokyo 2018」のライブ配信を実施
2018年11月15、16日に開催される日本最大級のスタートアップ・テクノロジー の祭典「Tech...

news034.jpg

Marketo×DataRobotの連携で見えた「AIドリブンマーケティング」の未来
「AIの民主化」でマーケティングはどう変わるのだろうか。【訂正あり】