2011年03月23日 09時00分 UPDATE
特集/連載

XenClientのHCLはなぜvProのみ?(前編)クライアント仮想化にIntel vProは価格に見合う価値があるか?

XenClient 1.0のHCLに登録されているチップファミリーは1種類、vProだけだ。しかし、クライアント型のハイパーバイザーを実行するのにvProは必要ない。

[Bridget Botelho,TechTarget]

 ITプロフェショナルたちは、米Citrix Systemsや他のVDI(Virtual Desktop Infrastructure)メーカーがクライアント型のハイパーバイザー(以下、クライアントハイパーバイザー)にオフラインサポート機能を組み込むことを長い間待っていた。しかし、Citrix Systemsが2010年、対応製品「XenClient」を出荷したとき、彼らは大いに失望した。深刻な制約があったことに加え、「ハードウェア互換性リスト」(以下、HCL)に載っているチップファミリーが1種類、すなわちIntel vPro(以下、vPro)しかなかったからだ。

 ITプロフェショナルたちには、仮想化に対応する他の米IntelチップよりもvProがコスト高になることが不満だった。また、vProに付随する管理機能によって余計なコストが掛かるため、仮想デスクトップ環境でそのプレミアム価格が実情に見合うものかを疑問視する声もある。

 事実、米VMwareがType1(ハイパーバイザー型)でクライアントハイパーバイザーを出さない理由の1つとして、ベアメタル型ハイパーバイザーが高価なvProチップを必要とする点を挙げた際には、大きな波紋を呼んだ。

 しかし、ふたを開けてみれば、Type1のクライアントハイパーバイザーを実行するのに、vProは全く必要なかった。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

カレン、B2B専用IT営業の業務代行サービスを提供開始
デジタルCRMを提供するカレンは、国内の中堅・中小のB2B事業者を対象にIT営業業務を代行...

news089.jpg

電通デジタルとPwCコンサルティング、デジタル変革推進プログラムを共同開発
電通デジタルは、経営コンサルティングファームのPwCコンサルティングと共同で顧客企業の...

news011.jpg

お金を払ってでも使いたい「優良」な有料ツールは何が違うのか
オープンソースのツールでマーケティングオートメーションの入り口を開いた後、やりたい...