TechTargetジャパン

陬ス蜩∬ウ?譁?
繧、繝ウ繝?繝ォ邨?縺ソ霎シ縺ソ蜷代¢陬ス蜩?
縺ゅi繧?繧区・ュ遞ョ縺ォ蟇セ蠢懊☆繧九?√う繝ウ繝?繝ォ縺ョ邨?縺ソ霎シ縺ソ蜷代¢陬ス蜩∽ク?隕ァ縲?(2012/9/29 提供:繧、繝ウ繝?繝ォ譬ェ蠑丈シ夂、セ)

講演資料
データセンターの電気代半減は可能か? IT運用費を「攻めの投資」に変える方法
 ITはビジネスを効率化するツールからビジネスそのものへと変化した。しかしITコストの7割強は現行システムの保守運用で消費しているのが現状だ。この保守運用費を削減できれば、その分の投資を素早い新規サービスを提供するためのIT基盤構築への「攻めの投資」が可能に...(2014/12/19 提供:インテル株式会社)

レポート
IT部門のビジネス貢献とは何か? インテル社内の取り組み事例を解説
 インテルのIT部門では、10万人余りの従業員を71拠点/約6000人のITスタッフでサポートしている。こうした業務に加えて、同部門では成長と予算要件のバランスを取りながら、さまざまなビジネス価値を創造している。 同社のIT部門は、さまざまな障壁を地道に取り除きなが...(2016/6/27 提供:インテル株式会社)

製品資料
「ビッグデータ分析」実践ガイド:導入と活用を成功させるプランニング
 ビッグデータ技術は日々進化し続けており、最近ではIoTデバイスなどからの膨大なデータストリームをリアルタイムに処理して予測分析を行う、といったことも可能になってきた。これにより最新の情報を駆使して、より迅速なビジネス展開を実現できる。 しかし、こうした...(2017/6/1 提供:インテル株式会社)

製品資料
通信事業のためのネットワーク仮想化、セキュリティとパフォーマンスを両立せよ
 とどまるところを知らないモバイルトラフィック、俊敏性に優れた環境における高度なサービス提供、費用対効果に優れたソリューションの研究など、市場の要求の高まりを受け、通信サービスプロバイダーではネットワーク機能仮想化(NFV)が注目されている。 しかし、セ...(2017/6/9 提供:インテル株式会社)

レポート
インテルが実践するOSアップグレードの「ベストプラクティス」とは?
 Windows XPからWindows 7、そしてWindows 8.1へ。インテルは過去10年間で10万台以上の社内PCを新しいOSへと移行してきた。同社ではこれらの経験を基に、新しいOSの定期的な評価やテスト手法、OS導入に関するベストプラクティスを更新している。 さらに、ベストプラクテ...(2016/6/27 提供:インテル株式会社)

製品資料
データセンター変革を実現する技術とは? 2wayサーバ向けプロセッサを徹底解剖
 急速に変革が進むデータセンターにおいて、プロセッサが省電力化やパフォーマンス向上、TCO削減などの面で与えるインパクトは大きい。その進化は依然として早く、処理速度向上の限界がささやかれ始めた近年でも、前世代のモデルと比べてコア数とキャッシュを20%向上さ...(2017/6/5 提供:インテル株式会社)

製品資料
進化したWindows Server 2012 R2の機能を生かすサーバ選びの鉄則
 Windows Server 2003のサポートが2015年7月で終了する。最新バージョンのWindows Server 2012 R2は、2003から大きく進化しており、仮想化や管理機能、クラウドへの最適化など多くの機能が強化されている。ハードウェアも新OSの機能を活用できる製品を選びたい。 本資料...(2015/4/1 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
10分以内に仮想マシンを導入、OpenStackを活用した複数クラウド運用法
 仮想化技術を使ってサーバ統合を進めていた企業が、その適用範囲を広げてプライベートクラウド構築を始めた際、パブリッククラウドサービスは一部の技術部門がシステム検証などに使うものとして捉えられていた。しかし現在では、AWS、Microsoft Azureなどのパブリックク...(2015/2/27 提供:インテル株式会社)

事例
リアルタイム分析で意思決定を加速、インテルが目指したサプライチェーン最適化
 市場環境の流動性が高まる中、多くの企業がサプライチェーンのリアルタイム管理を目指している。しかし、その実現にはシステム面で解決すべき多くの課題が残されている。例えば、リアルタイムの需給計画を妨げるデータ遅延、複雑化したデータ収集が生むデータの断片化な...(2017/6/1 提供:インテル株式会社)

技術文書
リスクを抑える端末の運用管理――モバイルデバイスとデスクトップPC併用の場合
 多くの業務でノートPC、タブレット、2-in-1デバイスなどが利用されるようになり、モバイルデバイスが従業員の標準となり始めている。しかし、強力なコンピューティングパワーを備えたデスクトップPCは今でも特定の業務で大きな効果を発揮する。 モバイルエンタープライ...(2016/6/27 提供:インテル株式会社)

レポート
25%の歩留まり回復 製造業のパフォーマンスを高めるIoT技術とは
 製造現場における歩留まりや生産効率の改善、ダウンタイム低減といった課題の解決において、メーカーではデータ収集と保管に取り組んでいる。しかし、互いに連携しないFAネットワークの中では、正しいタイミングで適切な人へ情報を届けるのは難しい。また、膨大なデータ...(2015/7/23 提供:デル株式会社)

製品資料
多様なデータを統合管理、DWHの制限を取り払う「統合分析ハブ」
 企業がデータ活用を進めていく上では、従来型のデータウェアハウス(DWH)の制約が課題となる。例えば、ソーシャルメディアなどの情報を活用する場合、分析基盤には構造化データと非構造化データの両方が大量に入ってくるが、こうしたデータから潜在的な価値を引き出す...(2017/6/1 提供:インテル株式会社)

製品資料
高速データ基盤がさらに進化、「SAP HANA 2」はなぜここまで速くなったのか?
 競合他社よりも早く適切な情報や製品、サービスを提供することは多くの企業が挑戦し続ける課題といえる。今、その実現の鍵はデータにある。テクノロジーによりデータを迅速に引き出せれば、保守管理に費やす時間を減らし、より多くのリソースを変革や成長戦略に投資でき...(2017/6/6 提供:インテル株式会社)

レポート
数千の診療ステーションから集めたデータをどう生かす? 遠隔医療のIoT技術とは
 「急速に進む高齢化」「長寿命化により急増する慢性疾患」「医療従事者不足」を背景に、医療業界は新たな効率化を求められている。そこで、遠隔地医療の、移動、費用、時間の大幅な削減の切り札として、IoT(Internet of Things)技術を用いた遠隔医療ソリューションに...(2015/7/23 提供:デル株式会社)

技術文書
信頼性の劇的向上: インテル(r) Xeon(r) プロセッサー7500番台搭載のDell PowerEdgeサーバ
 新しい RAS (信頼性、可用性、保守性) 機能が拡充されたインテル Xeon プロセッサー 7500番台は、24 時間 365 日対応のコンピューティング環境を強力にサポート可能な、劇的な性能向上とスケーラビリティ向上を果たした。 本ホワイトペーパーでは、劇的に向上した信頼...(2010/12/14 提供:デル株式会社)

事例
ITインフラはこう見直せ、事例に学ぶ「千葉労災病院が17システムを1つに統合した理由」
 3カ月のスピード構築、従来の半分以下のスペース、17を超えるアプリケーションを1つの基盤上に集約。そのような大胆な改革を、千葉労災病院は実現した。 千葉県の基幹病院として重要な役割を担う千葉労災病院は、2010年3月には電子カルテシステムを本格的に導入し、そ...(2015/7/24 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
2-in-1デバイスはどのくらい業務で役に立つのか?――デバイス利用調査レポート
 ノートPCとしてもタブレットとしも利用できる「2-in-1デバイス」は、業務に合わせて2種類のハードウェアを用意する必要がなく、TCOが削減できるというメリットを持つ。しかし、それぞれの利点を良いとこ取りしているようで、機能的に中途半端という見方もある。 インテ...(2016/6/27 提供:インテル株式会社)

事例
端末のライフサイクル管理、デバイスが多様化しても基本方針を変えない理由
 デスクトップPCやノートPCに加え、タブレットや2-in-1デバイスなどを業務に利用する従業員が増えたことで、デバイスのライフサイクル管理が複雑化している。さらに、クライアントデバイスに対するセキュリティの重要性も以前にも増して高まっている。 この状況下で、デ...(2016/6/27 提供:インテル株式会社)

製品資料
ワークスペースの在り方を変える、手のひらサイズの超小型デスクトップPC
 PCの利用環境は急速に変化している。「オフィスにある同じ大きさのデスク」といった従来の環境だけではなく、例えば「学校やコールセンターなどで、1台の長机に大画面モニターをできる限り多く並べたい」といったニーズに応えるには、デスクトップPCは本体の大きさが問...(2015/3/18 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

レポート
「インテル×HPE」から生まれる次世代ITインフラの姿とは?
 仮想サーバ環境や仮想デスクトップ環境の統合基盤として成熟を見せつつあるハイパーコンバージドインフラ(HCI)。近年、急速に進化しているHCIの将来像をインテルとHewlett Packard Enterprise(HPE)のスペシャリストはどのように見ているのだろうか。 インテルは...(2017/3/21 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
ネットワーク仮想化のパフォーマンス問題を理解、強化のポイントは?
 通信サービスプロバイダー(CSP)の間では、新サービスの迅速な投入とネットワーク運用コスト削減の両面の視点から、ネットワーク仮想化(NFV)に注目が集まっている。NFVはファイアウォールなどのネットワーク機能を専用ネットワーク機器から標準的なx86サーバ上で動作...(2017/6/9 提供:インテル株式会社)

技術文書
SATA SSD 8台相当のIOPSは本当か? x86サーバでNVMe対応SSDの実力を徹底検証
 従来のストレージ製品よりも高い転送速度と低いレイテンシを実現するNVMe対応SSD。サーバ製品の選定で重視される技術の1つだが、実際に導入するためには、パフォーマンスだけでなく信頼性や保守性を含めた十分な検証が求められる。 そこで、XeonプロセッサのE5-2600 v4...(2016/9/12 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

技術文書
インテルと7社のベンチャー企業で構成された「IoTベンチャーズ」
 インテルは「IoT(Internet of Things: モノのインターネット)」の分野でベンチャー企業と共同でソリューションを提案する取り組みを始めている。 「IoT ベンチャーズ」という枠組みの下、7社のベンチャー企業がインテルのプラットフォームでさまざまなIoT ソリューシ...(2016/7/5 提供:インテル株式会社)

技術文書
Intelが5Gで目指す「高速通信とクラウドの組み合わせ」
Intelは、2015年8月18〜20日に米国カリフォルニア州サンフランシスコで開催された「Intel Developer Forum(IDF) 2015」の基調講演で、5G(第5世代移動通信)に対する同社のビジョンを明らかにした。“シームレスなソリューション”というのが目標だという。Intelは、コ...(2016/1/5 提供:アイティメディア株式会社)

事例
OpenStackで構築するソフトウェア定義インフラ、俊敏性を高めるポイントは?
 BMW Groupは、車内外の顧客体験を強化するクラウド専用アプリなどを利用して収益拡大を促進している。その一方で、既存のプライベートクラウド環境には、インタフェース開発の遅れや、アプリケーション動作環境の問題、社内メンテナンスに多くの時間・コスト・人材が必...(2017/6/5 提供:インテル株式会社)

技術文書
IoTを成功に導くために、取り組むべき6つの課題と解決策
 「IoT(Internet of Things:モノのインターネット)」を実践する上で企業はセキュリティやネットワーク、分析プラットフォーム、コストなど多くのことを考える必要がある。 そのようなIoTに関わるエンドツーエンドのソリューションを提供するのがインテルだ。近年は...(2016/6/30 提供:インテル株式会社)

レポート
標的型攻撃対策──常に変化する攻撃から企業を守る「脅威情報の活用法」
 犯罪者はさまざまな手法でインフラに侵入し、重要なデータ資産やシステムに攻撃を仕掛けてくる。最近の標的型攻撃は「偵察」「脆弱性のスキャン」「侵入」「重要なデータの取得」という一連の流れで実行されている。もちろんセキュリティアナリストはこの事実を十分に認...(2016/12/7 提供:Intel Security)

製品資料
「SAP HANA」基礎解説:データ分析の待ち時間を劇的に短縮する技術とは?
 ビジネスのIT化が進んだことで企業のデータ基盤は複雑化しており、処理の遅延が迅速な経営判断の足かせとなっている。そこで開発された「インメモリ技術」は分析などの処理をメモリ上で実行することで、I/Oのボトルネックを解消して、データベースのパフォーマンス向上...(2017/6/1 提供:インテル株式会社)

事例
世界のアニメーションの最前線を支えるレンダリングサーバとは?
 今やアニメーションには欠かせない存在となった3DCG。その技術の進歩は早く、映像制作に関わる計算量やデータ量は増加する一方だ。その中でもコンピュータ処理で画像を生成するレンダリング工程では、光や影、物体表面の質感などを美しく表現するために、特に強力な演算...(2016/3/16 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

Loading