TechTargetジャパン

レポート
もうSSDしかあり得ない、第一線システムでHDDが置き換えられるこれだけの理由
 サーバ内蔵SSDの時代が来ている。SSDは登場した当初、容量対コストや製品寿命、ランニングコストなどはHDDに比べて格段に高く、サーバ導入が非現実だった。だが、SSDは現在、HDDと同程度の価格となり、テラバイトクラスの大容量モデルも登場した。サーバのストレージをH...(2016/6/2 提供:オリックス・レンテック株式会社)

製品資料
業務部門ユーザーのデータ活用を促すための「3つの要因」
 多くの企業がデータ分析を活用するようになった今、競合他社よりも早く事業成長のチャンスを見つけるためには、業務部門ユーザーでも迅速に正しく分析できる環境が求められている。ユーザーが必要なときにデータの探索と分析が行えるセルフサービス型BIや、対話操作型の...(2016/4/25 提供:SAS Institute Japan株式会社)

技術文書
データ分析の基礎知識――全ては分析用データ管理から始まる
 ビジネスの成功には優れた分析モデルが欠かせない。「そこそこ優れたモデル」なのか、「抜群に優れたモデル」なのかで、得られる結果には大きな差が生まれる。高いレベルの分析モデルを構築するには“汚染されていないデータ”を迅速に準備できる体制を整える必要がある...(2016/4/18 提供:SAS Institute Japan株式会社)

製品資料
全ての企業が直面するITの「複雑化」、解消の鍵は統合型ITプラットフォーム
 企業のリモートオフィス・支社や中堅・中小企業では、常にITに関連する「複雑化」の問題を抱えており、ビジネスの成長と拡大が進む中、ますます柔軟性と効率性に頭を悩ませている。 こうした「個別ソリューションが混在しているITプラットフォームの複雑さ」「複数のシ...(2016/3/18 提供:デル株式会社)

Webキャスト
テレワーク実現のポイント――「ワークスタイル変革」を成功に導く処方箋
 ワークスタイルの変革は人事部門だけの対応は無理で、経営全体の問題だ。日本テレワーク協会はその決め手として在宅勤務など6つの領域を挙げている。また、ワークスタイルの変革を支えるICTの進化はサービス基盤、端末、ネットワークの分野で見ることができるとしている...(2016/2/10 提供:デル株式会社)

技術文書
Windows 10移行戦略ガイド
 Windows 10の登場によって、Microsoftのビジネスモデルと企業のデスクトップ戦略は大きく変わった。企業はこの新しいOSにどうアプローチするべきなのか? Windows 10時代のデスクトップ戦略、管理方法、そしてユーザー用アプリケーションの展開方法を大きく変える企業...(2016/1/27 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 1月6日号:EMCの買収でDellに何が起きる?(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 1月6日号は、以下の記事で構成されています。■「事業を売却することはない」──マイケル・デル氏に聞くDellとEMCの今後■パスワードが不要な世界に向けて、導入が進むFIDO標準■Microsoftが注力するセキュリティ4本柱、その具体的な成果は?...(2016/1/6 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 1月6日号:EMCの買収でDellに何が起きる?(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 1月6日号は、以下の記事で構成されています。■「事業を売却することはない」──マイケル・デル氏に聞くDellとEMCの今後■パスワードが不要な世界に向けて、導入が進むFIDO標準■Microsoftが注力するセキュリティ4本柱、その具体的な成果は?...(2016/1/6 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 1月6日号:EMCの買収でDellに何が起きる?
 Computer Weekly日本語版 1月6日号は、以下の記事で構成されています。■「事業を売却することはない」──マイケル・デル氏に聞くDellとEMCの今後■パスワードが不要な世界に向けて、導入が進むFIDO標準■Microsoftが注力するセキュリティ4本柱、その具体的な成果は?...(2016/1/6 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
柔軟なITインフラ実現の鍵、次世代コンバージドインフラの実力を探る
 ITの敏しょう性や効率性の観点から、システム統合、リソース効率化、管理の一元化、投資コスト低減を実現するコンバージドインフラストラクチャに注目が集まっている。サーバ、ストレージ、ネットワーク、および管理機能を1つのユニットに配置し、構成を変更するだけでI...(2015/12/3 提供:デル株式会社)

製品資料
多様なビジネス変化に適するハイブリッドクラウド、柔軟性と堅牢性を最大限に引き出す構築方法とは
 企業のIT基盤は、パブリッククラウドの拡張性や柔軟性、プライベートクラウドの可視性や堅牢性が活用できるハイブリッドクラウドにシフトしつつある。一方で、ハイブリッドクラウドの導入には、外部クラウドとシームレスに統合するための技術上の課題や、既存ITの活用...(2015/12/3 提供:デル株式会社)

技術文書
振動解析、成功の秘訣はモデリングにあり!〜簡略化と解析のテクニック〜
 「振動騒音」は、設計者にとっても頭の痛い課題の1つ。CAEで設計検証したいが、応力解析のように簡単にできない・・・という方も多いのではないだろうか。 その原因の一つは解析の規模にある。モデル全体の動的挙動をとらえる必要があるため、解析規模やコスト(時間...(2015/11/27 提供:サイバネットシステム株式会社)

レポート
Windows 10ではPC市場の苦境を救えない
 Windows 10が2015年7月29日に正式配布を開始し、その後、Windows 10を搭載したPCが国内PCメーカーから多数登場している。タッチ操作を重視した新しいユーザーインタフェース(UI)を採用してユーザーから厳しい評価を受けたWindows 8と異なり、Windows 10はプレビュー段...(2015/11/26 提供:アイティメディア株式会社)

Webキャスト
オートデスク、アドビなどISV認定、プロ向けワークステーションの実力を探る
 ワークステーション選択の1つの目安となるのが独立系ソフトウェアベンダー(ISV)の認定だ。オートデスクやダッソー、アドビシステムズなどのISVおよびインテルやAMDなどのテクノロジーベンダーと連携して、ISVのアプリケーションが正しく、最適なパフォーマンスで動作...(2015/11/25 提供:デル株式会社)

製品資料
もはや想定外ではすまされない震災対策、低価格で実現できるハイブリッドクラウドを用いた解決策とは
 世界の巨大地震の20%が発生するといわれる日本でビジネスを展開する際、特にITの震災対策は大きな課題だ。企業はディザスタリカバリ(DR)環境を構築してデータを保護し、万が一、災害が起きた場合にも業務を継続する環境を用意しておく必要がある。 本ホワイトペーパ...(2015/11/18 提供:デル株式会社)

レポート
5年間でTCOを62%削減、プライベートクラウドに関する意外な調査結果とは?
 テクノロジーの進化に伴いITインフラの選択肢は増えており、ハードウェアの購入、所有から、パブリッククラウドサービス利用による運用移行を検討する企業も増えている。一方で、パブリッククラウドの中には、長期的にはコスト増を招く恐れもあり、ピーク時のサービス品...(2015/11/18 提供:デル株式会社)

製品資料
ITの柔軟性とコスト削減をスピーディーに実現、ベストプラクティスに基づいた仮想化ソリューションとは
 ITサービスの柔軟性とコスト削減は、どの企業も抱える喫緊の課題である。しかし、従来のITサービス提供モデルでは、さまざまなコンポーネントの調達から設計、検証、構築などの複雑なプロセスが必要で、アーキテクチャのライフサイクルに及ぶこうした要因は複雑さを増大...(2015/11/18 提供:デル株式会社)

レポート
最大43倍のパフォーマンスを実現、データベースを支えるコンバージドインフラストラクチャとは
 企業向けデータセンターの効率を高めることは、企業の根幹にかかわる問題だ。本レポートは調査会社Principled Technologiesによる、コンバージドインフラストラクチャ「Dell PowerEdge FX2」と従来のラックサーバを比較したテスト報告である。 テストでは、Dell PowerE...(2015/11/18 提供:デル株式会社)

技術文書
「線形解析」と「非線形解析」の使いわけで悩まないために 〜特徴と見極めのポイント〜
 製品設計の現場でCAEを使用する際、非線形解析に比べ計算コストが小さく、収束安定性の良い線形解析でモデル化する機会が多いだろう。では、なぜ非線形解析が必要なのか?それは線形解析よりも精度の良い結果が得られるだけではなく、評価したい事象によっては非線形解...(2015/10/23 提供:サイバネットシステム株式会社)

レポート
LINE、任天堂、KONAMIも被害に、猛威を振るうリスト型攻撃への対策はあるのか?
 不正アクセス事件の発生が止まらない。従来の不正アクセスは「総当たり攻撃(ブルートフォースアタック)で行われていた。ハッカーが平易な単語や短いパスワードを使い、あわよくば不正ログインしようというものだ。しかし、最近では総当たり攻撃では見られない高確率で...(2015/7/31 提供:SecureWorks Japan株式会社)

レポート
25%の歩留まり回復 製造業のパフォーマンスを高めるIoT技術とは
 製造現場における歩留まりや生産効率の改善、ダウンタイム低減といった課題の解決において、メーカーではデータ収集と保管に取り組んでいる。しかし、互いに連携しないFAネットワークの中では、正しいタイミングで適切な人へ情報を届けるのは難しい。また、膨大なデータ...(2015/7/23 提供:デル株式会社)

レポート
数千の診療ステーションから集めたデータをどう生かす? 遠隔医療のIoT技術とは
 「急速に進む高齢化」「長寿命化により急増する慢性疾患」「医療従事者不足」を背景に、医療業界は新たな効率化を求められている。そこで、遠隔地医療の、移動、費用、時間の大幅な削減の切り札として、IoT(Internet of Things)技術を用いた遠隔医療ソリューションに...(2015/7/23 提供:デル株式会社)

レポート
攻撃の75%は24時間以内に犠牲者が発生、『2015年度データ漏洩/侵害調査報告書』
 CSIRTは、情報漏えいやセキュリティインシデントが発生した場合に連携して最小限に被害を食い止め、インシデントを未然に防ぐ活動を行う組織体制の総称だ。最近、外部の専門機関と連携して国内外で一貫したCSIRT体制を構築するグローバル企業も増えている。 多くの業種...(2015/7/21 提供:ベライゾンジャパン合同会社)

レポート
5年間のTCOで最大60%以上の経費削減、データベースサーバの運用を比較検証
 パブリッククラウドの活用がTCO削減の有力な方法であるのは間違いない。しかし小規模組織などでは、LAN経由でデータベースを運用する方が効率的なケースもある。 短期視点では、データベース運用はハードウェアを購入し自社内で仮想マシンを制御するより、パブリックク...(2015/7/16 提供:デル株式会社)

製品資料
医療機関向け「オールフラッシュストレージシステム」が注目される理由
 高機能なSSDの価格低下を背景に、オールフラッシュストレージシステムが注目されている。ストレージは迅速なデータアクセス最大のボトルネックであり、増加するデータの管理の点からも、常にコスト低減が求められる。オールフラッシュストレージはその解決策として期待...(2015/7/16 提供:デル株式会社)

レポート
システムパフォーマンスが34%向上、ストレージソリューション選びのポイントとは?
 ストレージシステムにおいては、ロードバランス、アプリケーション最適化、ディスクメンテナンスなどをアレイ側で自動で管理することが望ましい。迅速なプロビジョニングによりビジネス要件に対応するため、トラブル解決にかかる時間も少なくなり、投資回収期間を短縮す...(2015/7/16 提供:デル株式会社)

事例
BI経費が半減、応答時間も60%高速化、「中央統制」という発想でデータ分析を強化
 データ分析のコストがかさみ、期待する成果も挙げられず、現場が混乱しているときは、基本的な分析体制の改善に着手することが望ましい。 グローバルに展開する企業のデータ分析体制が陥りやすいわなは、拠点やリージョンの特殊性をそのまま受け入れ、KPIの種類が膨大...(2015/7/16 提供:デル株式会社)

Webキャスト
Windows Server 2003サポート終了を機に考える、最適なクラウド活用とは?
 2015年7月15日にサポートが終了するWindows Server 2003から新しいサーバOSへの移行を機に、パブリッククラウドの活用を進めたいと考える企業は多い。同OSの最新版であるWindows Server 2012 R2は、クラウド環境での運用に適した機能が豊富に盛り込まれている。この新し...(2015/6/25 提供:デル株式会社)

Webキャスト
Windows Serverのアップグレードでシステム全体をレベルアップ、その実現方法とは?
 サーバOSのアップグレードはシステム全体のレベルアップを実現するチャンスだ。「クラウドを活用してディザスタリカバリの体制を構築したい」「迅速なデータアクセスや拡張性を高めたい」「ハイブリッドクラウドを効率的に構築、運用したい」といったシステム戦略を実現...(2015/6/25 提供:デル株式会社)

製品資料
VMware、Hyper-V環境の効率的バックアップ体制の構築に必要な条件とは?
 「VMware」や「Microsoft Hyper-V」環境におけるバックアップに想定以上の時間を要し、可用性を損なっているケースは少なくない。仮想環境のバックアップでは、エージェントをインストールして実行する製品や、高機能だが高価なストレージによって実行する手法がある。(2015/5/27 提供:デル株式会社)

Loading