TechTargetジャパン

技術文書
XenDesktopを連携するシスコの仮想ワークスペース基盤導入マニュアル
 デスクトップ仮想化の効果的な導入手法はさまざまあるが、根本的にはさまざまなエンドポイントからのアクセスを可能にする必要がある。それにはエンドユーザーのコンピューティング環境をデータセンター内に設置することが効果的だ。また、真の仮想ワークスペースを実現...(2012/11/5 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

技術文書
7つのケースで解説:Citrix XenApp 選択のポイント
 近年、ユーザーが場所や時間に制約されることなく、業務に最適な機器でシステム接続する手段としてデスクトップ仮想化が注目を集めている。 本ホワイトペーパーは、セッションベースのデスクトップ仮想化テクノロジーとして、「Citrix XenAppをどのような場合に選択す...(2016/5/25 提供:株式会社日立製作所)

技術文書
最新! XenDesktopで始めるデスクトップ仮想化入門
 デスクトップ仮想化とは、これまで各クライアントに個別に用意していたデスクトップ環境をサーバーに集中配置して運用するソリューションである。 では「Citrix XenDesktop」について、最新版の以下の環境を利用し、インストール方法および環境設定などをわかりやすく...(2012/6/26 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

技術文書
VMware ESXi + XenDesktopで始める デスクトップ仮想化入門
デスクトップ仮想化とは、これまで各クライアントに個別に用意していたデスクトップ環境をサーバーに集中配置して運用する革新的なソリューションである。シトリックス社では、このデスクトップ仮想化を実現する製品として大企業向けに「XenDesktop」、中堅中小企業向けに...(2012/10/22 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

技術文書
デスクトップ仮想化製品を392項目で徹底比較 - VDI Smackdown! 2013年版
 デスクトップ仮想化ソリューションのニーズの高まりと共に、中立的な評価情報に対するニーズが増大している。本書は、オランダのPQR社が主要VDIベンダーの製品を中立的な立場で徹底比較した技術比較資料「VDI Smackdown」の日本語翻訳版である。VMware ViewやCitrix Xen...(2013/10/4 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

レポート
BYOD導入に欠かせない「主要OSへのセキュリティ対処能力」をどう確保するか
 BYOD(私物デバイスの業務利用)は企業にコストメリットだけでなく、従業員のモバイル活用を促進し、ビジネススピードの改善、顧客満足度の向上といった多くのメリットをもたらす。 しかし、BYODを導入する上で注意しなくてはならないのが、セキュリティ管理の問題だ。(2016/7/29 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
Citrix XenDesktop 7 に「二要素認証」を追加してセキュリティレベルを向上させる方法
 仮想デスクトップを活用したモバイルワークが普及している。 その一方で、モバイルワーク利用率の上昇に比例して紛失や情報漏えいなどのセキュリティリスクが高まるのは言うまでもない。モバイルワーク導入を検討する担当者は、その利便性や効率性の向上とセキュリティ...(2013/8/6 提供:株式会社シマンテック×シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

技術文書
デスクトップ仮想化の2大製品を、帯域幅とCPU使用率で徹底検証
 いつでもどこでもどの端末からでも仕事ができる技術として、ここ最近注目を集めているデスクトップ仮想化。 しかし、仮想デスクトップインフラ(VDI)の本導入でネックとなるのは、ローカルPCに比べたパフォーマンスだ。IT部門が限られた予算の中で、ユーザーエクスペ...(2012/11/1 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
デスクトップ仮想化の2大製品を、帯域幅とCPU使用率で徹底検証
 いつでもどこでもどの端末からでも仕事ができる技術として、ここ最近注目を集めているデスクトップ仮想化。 しかし、仮想デスクトップインフラ(VDI)の本導入でネックとなるのは、ローカルPCに比べたパフォーマンスだ。IT部門が限られた予算の中で、ユーザーエクスペ...(2012/8/3 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
デスクトップ仮想化「3つの課題」──主要製品の比較でクリアしたものは?
 Windows XPサポート終了の際に多くの企業があらためて認識したことは、予算的にも人員的にもPC環境の一新は簡単でない、ということだろう。そうした中で、PC環境を一括して管理しやすく、セキュリティレベルの向上にも貢献する仮想デスクトップ環境に注目が集まっている...(2016/4/14 提供:パラレルス株式会社)

技術文書
Windowsアプリケーションのモバイル化
 利便性と生産性向上のため、モバイルデバイスのビジネス利用が促進される傾向にある。IT部門の役割の1つは、生産性の向上を実現できるビジネスアプリケーションの提供だ。特にタブレットやスマートフォンといったデバイスからWindowsベースが主流のアプリケーションへ...(2013/9/13 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

技術文書
MDMやMAMを理解できてる? 「抜け落ちたモバイル活用のセキュリティ実現の要件」とは?
 モバイル端末の業務利用が浸透している。これまではシステムは企業が用意するものあり、それをIT部門が完全に統括するのは当たり前だった。しかし、BYOD(私物端末の業務利用)を採用した場合は、一般にロックダウン機能を適用することは難しい。また、デバイスには可搬...(2014/9/10 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

技術文書
VMware ESXi とCitrix XenDesktop 7 で始めるデスクトップ仮想化入門
 デスクトップ仮想化とは、これまで各クライアントに個別に用意していたデスクトップ環境をサーバーに集中配置して運用するソリューションです。シトリックスでは、このデスクトップ仮想化を実現する製品として大企業向けに「XenDesktop」、中堅中小企業向けに「VDI-In-a...(2013/8/23 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
不自由なモバイル活用が原因? “シャドーIT”を発生させないための基本を解説
 業務におけるモバイル活用を進めている企業の中には、セキュリティ上の理由から利用範囲を厳しく制限している組織も多い。そのため、利用できるのはメールとスケジューラのみで、社内データにモバイルデバイスでアクセスして閲覧・編集するのは禁止、というケースも珍し...(2016/8/1 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

技術文書
Hyper-VとCitrix XenDesktop 7で始めるデスクトップ仮想化入門
 デスクトップ仮想化を検討している企業の多くが、既存の仮想インフラ環境を活かしたデスクトップ仮想化を望んでいる。Citrix XenDesktopは、それを動作させるための仮想マシン環境として、Citrix XenServerだけでなく、VMware vSphere、VMware ESXi、Hyper-Vなどを選択...(2013/10/4 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

レポート
アプリケーション/デスクトップ仮想化が解決する「医療情報のセキュリティ問題」
 医療情報は機密性の高い個人情報を含むため、デジタル化の過程では、その管理に重点が置かれてきた。しかしデジタル化された情報をさまざまな現場で活用できれば、医療の質の向上、病院経営の効率化を大きく進めることができる。 医療データをセキュアに活用する鍵とな...(2016/7/29 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
OpenStackクラウドの可用性を高める負荷分散ポリシー、導入時に検討すべきこと
 クラウドにおけるネットワークサービスの可用性と冗長性の確保には、まず負荷分散機能をどのように導入するかがポイントになる。OpenStackには、Neutron LBaaS(Load Balancing as a Service)というサービスが用意されており、特定ベンダーの技術に依存しない負荷分散...(2016/8/4 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

事例
金融サービスにおいて業務モビリティがもたらす効果――4社の事例で解説
 現在のビジネス、特に金融サービス業界は、かつてないほど厳しい環境に置かれている。市場の急速な変化や値下げ圧力の中、顧客の獲得や引き留めには、新たな顧客体験の提供が求められる。また、業務における高い生産性や、コンプライアンス対応、セキュリティ強化といっ...(2016/11/8 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
アプリケーション仮想化でWebアプリを配信する「3つのメリット」とは?
 Webアプリは従来のクライアント/サーバ向けアプリと比較して、軽量で、しかも複数のOSに合わせて開発・テストを行う必要もないため、多くの企業で開発が行われてきた。Webアプリにより、短期間でビジネスに役立つIT活用ができると期待されたのである。 しかし、実際に...(2016/9/16 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
デスクトップ仮想化のメリットを最大化する「6つの選定ポイント」
 企業が成長戦略の一環として、ワークスタイルの多様化を進めるようになり、いつでも、どこからでも、どんなデバイスからでもアクセスできる業務環境が求められるようになった。この環境を実現する手段として広く利用されているのがデスクトップ仮想化だ。 デスクトップ...(2016/8/3 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

事例
「iPadでも使いたい」に応えるWindowsアプリのモバイル化実践ガイド
 社員の利便性と生産性向上のため、スマートデバイスのビジネス利用が促進される傾向にある。だが、「iPadを導入したけれど使いたいのはWindowsアプリだった」「VDI(デスクトップ仮想化インフラストラクチャ)をスマートデバイスに表示するのは非効率的だし使いにくい」...(2014/6/16 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
データセンターセキュリティを支える「多階層の防御機能」とは?
 標的型攻撃やDoS攻撃など、データセンターを狙う攻撃手法はどれも巧妙化し、しかも近年は大規模になってきている。これら攻撃の7割がレイヤー7のアプリケーション層に向けられたものといわれている。一方、ネットワークおよびインフラストラクチャ階層でのセキュリティ...(2016/8/1 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
Citrix NetScalerに「二要素認証」を追加してセキュアな仮想デスクトップアクセスを実現する方法
 Citrix NetScalerは、Webアプリケーションに必要とされる機能を集約した統合型のWebアプリケーションスイッチだ。 同製品により、リモートからのアプリケーション利用時に大幅なパフォーマンス向上が期待できる。 本書では、NetScalerのログインに二要素認証を追加す...(2013/8/6 提供:株式会社シマンテック×シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

技術文書
VDIの性能を徹底検証:ブレードサーバ1台で同時サポート可能な仮想デスクトップ数は?
 仮想デスクトップソリューションを導入する場合、多数の仮想デスクトップを集約するには、コンピューティングとメモリの観点で十分に強力なサーバを選択することが非常に重要だ。サーバ1台当たりでサポートできる仮想デスクトップの数が多ければ、当然サーバ数を減らす...(2014/8/18 提供:シスコシステムズ合同会社)

製品資料
「アプリかデスクトップか」では解決しない仮想化への不満をどう解消する?
 ワークスタイルの多様化、セキュリティとコンプライアンスの改善、IT予算の削減など、仮想デリバリー技術はこれまでにもさまざまなビジネス上の課題を解決してきた。しかし、ほとんどの場合、ユーザーが選択できるのは仮想アプリや仮想デスクトップのいずれかだ。 この...(2016/11/17 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
DoS攻撃対策の基礎知識――新手法も登場する中、何から始めるべきか
 DoS攻撃による被害が再び広がりつつある。従来のDoS攻撃は主としてネットワークレイヤーに大量の特殊パケットを送り込み、各種サービスを機能不全に陥らせるというものだった。現在もこうした手法は使われているが、一方でアプリケーションレイヤーを狙うという新種も発...(2016/8/1 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

レポート
PCI DSS対応で実現するコンプライアンス達成とWebアプリの保護強化
 この10年で世界中の企業がeコマースおよびeビジネスへの依存度を高めているが、同時に危険な状態と隣り合わせでもある。顧客情報の漏えい、なりすまし犯罪、クレジットカード詐欺などが多発しており、被害総額は年々増加傾向にある。今や攻撃者の行動は目立つためではな...(2014/9/10 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

講演資料
Windows 10への移行を機に考えるPC環境の運用管理――3つの更新オプションの使い方
 マイクロソフトが2016年3月に発表した、Skylake搭載デバイスの「Windows 7/8.1」サポートポリシーの変更で、2017年7月17日のサポート終了予定が2018年7月17日まで延長された。この発表にほっと胸をなで下ろしたIT担当者も多かったはずだ。しかし、「Windows 10」への移...(2016/4/25 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
クラウド型データセンターのアプリ性能を高める「マルチテナント機能」とは?
 オンプレミスからクラウド型データセンターへのシステムの移行は、運用の効率化、演算環境の柔軟性・適応能力の向上、IT基盤の整理統合を促す。専用インフラから共有インフラへの転換によって生まれるデータセンターTCOの削減効果もそのメリットの1つだ。 ここで鍵とな...(2016/8/4 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
残念すぎる弱点がついに解消、ユーザーの不満を招かない「Skype仮想化」
 Microsoft Office 365の機能としても提供される統合コミュニケーションツール「Skype for Business」(以下、Skype)。音声/ビデオ通話、メッセージング、オンライン会議などの機能をSkypeに移行することは、ハードウェアコストと管理負荷の大幅な削減につながる。 こ...(2016/11/8 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

Loading