2010年09月17日 08時00分 UPDATE
特集/連載

デスクトップ仮想化製品紹介【第3回】柔軟な操作性を備えたCitrix XenDesktop、仕組みとライセンス

Citrix XenDesktopは、マルチメディア系の処理を可能にした通信プロトコルやプリンタドライバ機能などを搭載し、最新のテクノロジーを駆使した仮想デスクトップの利用が可能である。

[前田和彦,日商エレクトロニクス]

 連載「デスクトップ仮想化製品紹介」の第3回をお送りする。第2回「シンプルなインタフェースと優れた表示品質を提供するVMware View」では、ヴイエムウェアが提供する「VMware View」を紹介した。第3回となる今回は、シトリックス・システムズ・ジャパン(以下、シトリックス)が提供する、「Citrix XenDesktop」(以下、XenDesktop)を紹介する。

シトリックスの「使える」仮想デスクトップとは?

 シトリックスは従来、「Citrix XenApp(旧称:Citrix MetaFrame)」(以下、XenApp)を展開しており、アプリケーションをサーバに集約する「アプリケーション仮想化」市場において、非常に大きいシェアを持っている。そして、その実績と経験を生かし、デスクトップをサーバに集約する「デスクトップ仮想化」の展開を進めている。では、どのように生かしているのか見てみよう。下の表は、シトリックスのアプリケーション仮想化とデスクトップ仮想化のソリューションを比較したものだ。

  デスクトップ仮想化 アプリケーション仮想化
対応製品 XenDesktop XenApp
ユーザーの利用対象 デスクトップ 主にアプリケーション
ユーザーの自由なアプリ導入 ×
ユーザーのマシン占有 ×
高速なリモートコントロール
通常使用するプリンタからの印刷
データ、ファイルの持ち出し × ×
OS標準の管理コンソールでの管理
社外からのSSL VPN接続
サーバ基盤 XenServer、VMware、Hyper-V Windowsサーバ

 このように、ユーザーの自由なアプリケーション導入や、リモートコントロール先のマシン占有といった、デスクトップ仮想化のメリットを最大限に享受しつつ、これまで培った柔軟な操作性、簡便な運用、セキュリティ対応を維持している。ユーザーの利用感に関係する機能が多いのは、これまでユーザーによる利用を第一に考えてきたシトリックスならではのアプローチといえるだろう。

画像 XenAppとXenDesktopの関係

構成が簡単

 仮想デスクトップの具体的な構成を組むのは難しいイメージがあるかもしれない。そこで、XenDesktopにおける最小構成を下図の通りまとめてみた。これは、3台のデスクトップを仮想化した例だ。「PC」「仮想化サーバ」が物理マシン、「Desktop Delivery Controller」「仮想PC」が仮想マシンである。Desktop Delivery Controllerはブローカーであり、ユーザーの接続を仮想デスクトップに導く役割を担う。

画像 シトリックスのデスクトップ仮想化 システム構成図

 仮想デスクトップは意外に簡素な構成で実現可能であることがお分かりいただけただろう。

デリバリーサービスコンソールによる管理

 管理は独自のプログラムではなく、Windows標準のMMC(Microsoft Management Console)スナップインで稼働する「デリバリーサービスコンソール」にて行う。もちろん、完全に日本語化されている。

画像 デリバリーサービスコンソール《クリックで拡大》

XenDesktopだからできること

関連ホワイトペーパー

Citrix(シトリックス) | 仮想化 | VMware | Hyper-V


この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news091.jpg

グランドデザインの「Gotcha!mall」がDMA国際エコー賞を受賞
グランドデザインは、同社のスマートフォンオムニチャネルプラットフォーム「Gotcha!mall...

news088.jpg

コムニコマーケティングスイート、Instagramアカウント分析機能を拡張
コムニコは、ソーシャルメディア運営支援ツール「コムニコマーケティングスイート」のIns...

news034.jpg

Salesforce Pardot、「日本語化」だけではない重要な強化ポイントとは?
本稿では「Salesforce World Tour Tokyo 2017」におけるセッション「生まれ変わったPardo...