2013年08月29日 08時00分 UPDATE
特集/連載

増大するリスクにどう対応するNASAも悩む「シャドーIT」、危険でも使ってしまうユーザーの心理は

外部のクラウドサービスなどを事業部が勝手に導入してしまう「シャドーIT」。社内システムの使い勝手の悪さが起因となり、拡大しているという。NASAも悩むこのシャドーITに対応するには?

[Beth Pariseau,TechTarget]

 米航空宇宙局(NASA)におけるクラウドコンピューティング導入に関わるシャドーIT問題が先ごろ、監査リポートで明らかになった。クラウドの専門家の多くは、既に問題を認識しており、不正なクラウドの導入を最小化する方法を幾つか提示している。

 NASAの2013年7月の監査リポートによると、同局の最高情報責任者(CIO)の執務室の承認を得ずに、あるいは承認されたセキュリティフレームワークに反して、幾つかの部門がシステムをパブリッククラウドに移行していたという。ある“中規模システム“は、承認を得ることも、またセキュリティ予防策を施すこともなく、2年もの間、パブリッククラウドに置かれていた。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

ネスレ日本社長 高岡浩三氏、YouTube日本代表 水野有平氏らが「ブランデッドムービー」を語る
「ブランデッドムービー」を用いた企業のマーケティングとは? 識者が語り合ったパネル...

news008.jpg

日本マイクロソフトとソフトブレーンの事例に学ぶインサイドセールスの効果
営業の生産性を向上させるための「インサイドセールス」。本連載ではインサイドセールス...

news024.gif

変わるITmedia マーケティング、5年目の挑戦で5万円分のAmazonギフト券を差し上げます
「ITmedia マーケティング」のメールマガジンを新規にご購読いただいた方の中から抽選で1...