TechTargetジャパン

レポート
身分証明書の偽造料金は250ドル? アンダーグラウンドのハッカー市場の実態とは
 2014年のハッカー市場は2013年に比べ新しい身分証明書キット、パスポート、公共料金の請求書、社会保障カード、運転免許証など、詐欺に利用される偽造文書の流通市場が急速に拡大している。この種の文書を偽造するには、複製したクレジットカードやデビットカードを使っ...(2015/7/31 提供:SecureWorks Japan株式会社)

レポート
犯罪に手を染めた“元極悪ハッカー”の採用は是か非か?
 サイバー犯罪の巧妙化が進み、情報漏えいやシステム停止といった実害が相次いで明るみに出る中、セキュリティ人材への需要は高まる一方だ。必要なセキュリティ人材を社内で育成できればよいが、十分な育成ノウハウがなかったり、育成に時間が掛けられなかったりすれば...(2017/1/26 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
ハッカーがWebアプリケーションを狙う理由――Web資産保護の弱点を解説
 企業のWebアプリケーションは、顧客の支払いや注文データ、特許製品の仕様など、大量の個人情報や機密情報への経路の役割も果たしている。これらは攻撃者にとって魅力的な情報だが、実際にターゲットにされる理由はそれだけではない。 重要なWeb資産が狙われるもう1つ...(2016/8/4 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

レポート
クラウドは「最大のセキュリティリスク」か? 5つの脅威と対策のアプローチ
 クラウドのセキュリティに対する懸念は、クラウドテクノロジーそのものよりも、ボットネット、持続的標的型攻撃(APT:Advanced Persistent Threat)、動的なポリモーフィック型マルウェアなど、変化する脅威状況への対処能力に関するものだ。これらの攻撃は従来型のも...(2015/5/14 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
ハリウッドでも身代金被害 ランサムウェアの仕組みと対処方法を理解する
 2016年2月、ロサンゼルスのHollywood Presbyterian Medical Centerは、ランサムウェアでコンピュータネットワークを侵害し無効化したハッカーに、およそ1万7000ドルの身代金(ランサム)を支払った。2月5日に、従業員が病院のネットワークおよび電子医療記録システムに...(2017/1/6 提供:Intel Security)

製品資料
人間的な動作のマルウェアが増加する恐れも――2017年のサイバー攻撃を徹底予想
 2016年のサイバーセキュリティを振り返るとき、一番に注目されるのがバングラデシュ中央銀行の不正送金事件に用いられた「自律的マルウェア」だ。このマルウェアは、人工知能の先駆けとなるコードを含んでおり、資金の引き出し方法を学習するように設計されていた可能性...(2017/2/24 提供:フォーティネットジャパン株式会社)

レポート
予測レポート:2017年のサイバーセキュリティが直面する6つの事態
 近年のセキュリティインシデントは、その被害が1つの企業・組織にとどまらず、広範に及ぶようになっている。IoTデバイスが乗っ取られ、インターネット経由で大規模なシステム停止が実行されるような脅威が現実のものとなった今、その対応があらためて問われている。 ま...(2017/2/15 提供:フォーティネットジャパン株式会社)

レポート
サポート切れの「Windows XP」を使いつづける企業が覚悟すべきリスク
 サポートが終了した「Windows XP」を搭載したクライアントPCを、まだ使用している企業は少なくない。バージョン11より前の「Internet Explorer」(IE)のサポートも終了したが、このWebブラウザもまだ多くのオフィスに存在しているだろう。 Windows XPのようにサポート...(2016/11/2 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
Web攻撃ツールが売買されるブラックマーケット 最新サイバー攻撃の傾向と対策
 2012年にはサイバー攻撃が42%増加し、対策に掛かるコストが6%増加した。 サイバー犯罪者の急激な増加を下支えするのが「Web攻撃ツールキット」の購入が可能なブラックマーケットの存在だ。脆弱性を見つけるハッカー、ツールキットの作成者、脆弱性情報を基にツールキ...(2016/9/20 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

プレミアムコンテンツ
ソフトウェアテストの手法と施策
「ソフトウェアテストは数多くあるが、どれをどのように選ぶのか」 この問題に対する唯一の解は「テストは製品とプロジェクトに依存する」となります。つまり製品やプロジェクトに応じてテスト手法を選択し、それらを組み合わせてテストを実施することになりますが、これ...(2017/3/16 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
「あれもこれも必要」なWebセキュリティ、脱アプライアンス化でコスト高を解消
 サイバー攻撃の手法は次々と生み出されているが、現時点においてもハッカーによる攻撃の圧倒的多数はWebを通じて行われている。その中でも防御が難しいといわれているのが、企業や公的機関のWebサイトを改ざんしてマルウェアを仕込む「水飲み場攻撃」だ。 これにより正...(2016/8/31 提供:ノックス株式会社)

講演資料
ビッグデータ環境におけるデータガバナンス対応のベストプラクティスと構築事例
 近年発生している、特権ユーザーによる不正な操作やハッカーによる攻撃の脅威に対し、データベース内の機密情報を保護し、業界や政府が規制する法令等に対応したデータガバナンスの整備が急務となっている。 本資料では、RDBMSのみならず、NoSQL、およびHadoop環境に対...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
個人情報流出件数が多い業界ランキング、セキュリティ脅威の傾向と対策
 サイバー犯罪の手口の巧妙化が進む中、情報セキュリティ技術とのイタチごっこが続いている。個人を狙ったフィッシングから、組織を狙って巧妙に仕掛けられる標的型攻撃、さらにはIoTデバイスへの攻撃まで、攻撃者は価値のある情報や金銭を得られそうな対象であれば何で...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
セキュリティ専門家が震え上がったIoTマルウェア「Mirai」の正体
 ネットワークを介したモノ同士のつながりから、新たな価値を得ようとする「モノのインターネット」(IoT)。一部の製造業が先行していたIoTの取り組みは、その裾野を急速に拡大。今や業種や規模を問わず、さまざまな企業でIoTの可能性を追求する動きが活発化している。(2017/3/2 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
悪用されるWebサイトランキング――セキュリティ脅威レポートの実態報告
 シマンテックが2016年に行ったWebサイト調査によれば、2015年における脆弱性の存在は78%、重大な脆弱性の割合は15%にも上った。その主な原因は、パッチ適用や更新がしかるべき頻度で実行されていない、という基礎的なものであった。 攻撃者はこうした脆弱性を見逃さ...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
78%のWebサイトに脆弱性あり──Webサイトの健康診断方法を伝授します
 2014年はHeartbleed、Shellshock、POODLEなどの深刻な脆弱性が次々に明らかになった。Webサイトからの情報漏えいや改ざんは毎月のように報道されているが、これらの事件の多くはWebアプリケーションの脆弱性を狙われることで起こっている。シマンテックの調査によると...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
検知できないマルウェアの侵入も許さない「エクスプロイト対策」とは?
 サイバー犯罪者の多くは、マルウェアを感染させるために「Adobe Flash」や「Microsoft Office」などの正規ソフトウェアのバグを利用する。このような脆弱性の情報は発見と同時に多くの攻撃者に拡散し、1つの脆弱性に対して膨大な数のマルウェアが作成される。 従来のマ...(2017/1/12 提供:ソフォス株式会社)

レポート
不正アクセス増加が「セキュリティ人材不足」最大の原因だった?
 WebサーバやWebアプリケーションへの不正アクセスをはじめ、企業を狙ったサイバー攻撃が相次いで明るみに出ている。攻撃手段の巧妙化が進む中、何とかして自社のシステムを守るべく、対応に追われている企業のセキュリティ担当者は少なくないはずだ。セキュリティ対策の...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
そのSSLサーバ証明書では防げない──オンライン取引の詐欺被害を減らす2つの方法
 オンライン取引が本格化してから約20年、電子商取引による販売額は2013年に1.2兆ドル以上に達した。消費者のショッピング習慣がこれだけ変化した要因は、オンラインの世界で金銭取引をする際の信頼を担保できる仕組みが確立されたことにある。その技術的基盤としての解...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
消える会社、生き残る会社を分けるセキュリティ戦略
 大規模な情報漏えい事件が発生、記者会見の場で深々と頭を下げる経営陣、株価は急落、企業への信頼は失墜、顧客は既存の取引や契約の解除へ動き、経営の屋台骨が揺らぐほどの危機に直面する――。 今やセキュリティは重要な経営課題の1つとなった。対策や初期対応を誤...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
米国監視プログラム「PRISM」に挑むTwitter、「HTTPSを標準実装すべき」
 米国諜報機関による通信監視プログラム「PRISM」。その存在が明らかになって以来、テクノロジー企業やオンラインサービス事業者が相次いでユーザー情報の保護に乗り出している。その1社が米Twitterだ。 Twitterは、ユーザー情報の保護強化を目的として暗号化技術「Perf...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
セキュリティレポート:各国担当者への調査で分かった「5つの推奨対策」
 ITセキュリティ担当者は、新たな脅威や経営陣からの要求、侵害への対応などプレッシャーを受け続けている。一方で、多くの組織で人的資源は減少傾向にあり、職務の負担は増大する一方だ。本レポートでは、世界1400人超のITセキュリティ担当者を対象にプレッシャーとその...(2017/3/1 提供:シンガポールテレコム・ジャパン株式会社)

技術文書
管理者がアプリケーションのセキュリティ管理を行うための5つのステップ
 顧客や従業員の個人情報、ログインデータなどの機密データを扱うアプリケーションや、企業の重要データ、知的財産などを扱うアプリケーションの開発では、操作性や機能性、データ保護や暗号化などのセキュリティ向上は多くの場合で考慮される。ただし、アプリケーション...(2017/2/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
5億5200万件の個人情報が流出──2014年版「Webサイトセキュリティ脅威レポート」
 このホワイトペーパーは、シマンテックが毎年発行している『Webサイトセキュリティ脅威レポート』の2014年版である。「2013年のセキュリティタイムライン」「数字で見る2013年」といった独自の視点のレポートをはじめ、2013年のWebサイトセキュリティ脅威に関する以下の...(2016/12/19 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

製品資料
「モバイル業務は好みのデバイスで」 ID一元管理で安全性と生産性を両立
 複数のアプリケーションへのシングルサインオン(SSO)は、あらゆるユーザーから歓迎される機能だろう。クラウドプラットフォームやSaaSアプリケーションなどIT環境が拡大したことで、ID管理は複雑化し、ユーザーと管理部門の双方に負担がかかっている。 そこで、注目...(2017/2/23 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
「IoTハッキング」事例研究:市販の防犯機器への調査で分かった10の脆弱性
 導入後にセキュリティパッチを適用できないデバイスが、これまでにないペースでネットワークに追加されている。それがIoTデバイスだ。2016年にマルウェア「Mirai」によって引き起こされた大規模なDDoS攻撃は、このようなIoTデバイスが攻撃者に悪用された場合の危険性を...(2017/2/16 提供:ラピッドセブン・ジャパン株式会社)

レポート
1日2000件のサイバー攻撃に対応、富士通の多層防御と即応体制のノウハウとは?
 増加・高度化するサイバー攻撃に対し、セキュリティ施策も進化を求められている。人力のみの対処はもちろん、セキュリティツールを導入しても全ての脅威に自動的に対応することは不可能だ。より視野を広げ、脅威の侵入を前提としたセキュリティの多層化、つまり「多層防...(2017/2/7 提供:富士通株式会社)

製品資料
高機能CMSでWeb構築コスト・期間を削減――会員サイトやオウンドメディアも
 Webサイトにおける統一されたデザインと迅速な更新を可能とする開発基盤として人気が高いCMS(コンテンツマネジメントシステム)。これまではサイトの規模拡大やシステム要求の多様化などに伴う、システム開発の複雑化という課題をなかなか解消できずにいた。 特に問題...(2017/2/1 提供:株式会社ディバータ)

レポート
技術者への「次世代ファイアウォール」入門
 企業ネットワークに押し寄せる新しいセキュリティ脅威の標的は、「ファイアウォール対応」アプリケーションやアプリケーション層の脆弱性に及び、従来のファイアウォールでは企業ネットワークを十分に保護できなくなっている。単一機能のアプライアンスの組み合わせは...(2016/10/12 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

技術文書
「SAP HANA」のセキュリティ対策に欠かせない“OSセキュリティ強化の極意”とは
 OSハッキングにより必要な権限を盗み取ることができれば、ハッカーは自由にデータベースアプリケーションにアクセスすることができる。これがデータベースを攻撃する際、ハッカーがOSをターゲットにする理由である。「SAP HANA」などのソリューションによってデータ分析...(2015/2/13 提供:ノベル株式会社)

Loading