2014年06月02日 21時40分 UPDATE
ニュース

NEWS気象情報など外部データと自社データを統合分析できるマーケター向けツール

ウイングアーク1stは、マーケティング担当者向けクラウドBIダッシュボードサービス「MotionBoard Cloud for DMP」を6月2日に提供開始する。自社データを気象情報や人口統計情報などの外部データと統合して分析することができる。

[織茂洋介,TechTargetジャパン]

 企業がマーケティング活動の最適化とROIの最大化を図るために構築したデータ集約基盤である「プライベートDMP(データマネジメントプラットフォーム)」。「MotionBoard Cloud for DMP」は、このプライベートDMPを運用し、各種マーケティングデータを一元的に管理できる環境を構築している企業のマーケティング担当者向けのツールだ。インターネット広告や各種メディアでの宣伝広告活動、顧客優良化のためのキャンペーン施策効果などを、表現力豊かなマーケティングダッシュボードに可視化する機能を持つ。これを使うことで、マーケティング担当者がコンサルタントや社内IT部門に依存することなく、自らデータを集計・分析することができるという。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

雑誌広告はどのくらい見られているのか?――ビデオリサーチ調べ
ビデオリサーチは、日本雑誌協会と日本雑誌広告協会に協力し、2018年2〜4月の「雑誌広告...

news114.jpg

GoogleアナリティクスとShirofuneが連携
Shirofuneは、クラウド広告運用ツール「Shirofune」に、1分で終了する簡単な設定だけでGo...