2014年01月30日 08時00分 UPDATE
特集/連載

顧客をつかみ、離さないためのマーケティングキャンペーン事例集「やりすぎ」で失敗しないためのマーケティングキャンペーン成功のコツ

消費者と良好な関係を築くには、マーケティング分析ツールを用いて、顧客理解を深めることが有用だ。だが、顧客のイメージを具体的に描き、キャンペーン精度を高めるには、ちょっとしたコツが必要だ。

[Ed Burns,TechTarget]

 今日の細分化されたメディア市場においては、「消費者にリーチし、有意義な関係を構築する」という目標はこれまで以上に難しくなっている。この困難な取り組みを少しでも容易にしようと、マーケティング担当者は大量のデータを収集し、マーケティング分析ツールを用いて、「自分たちの顧客は誰なのか」や「顧客が望む製品やサービスはどのようなものか」についての理解の増進に努めている。

 だが、人口統計データだけで有用な顧客プロファイルを構築できると考えるのは間違いだ。ギフトバスケットの販売を手掛ける米Harry and Davidで顧客マーケティング担当副社長を務めるポール・レイゾリサック氏は先頃、米SASが開催した経営層向けカンファレンス「Premier Business Leadership Series」で講演し、次のように語った。「人口統計データは祖父世代のデータのようなものだ。顧客のイメージをもっと具体的につかみたいのなら、もっと深く踏み込む必要がある」

広告キャンペーンの最適化で顧客の離反リスクを回避

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

アクセンチュアが提唱、成果を出すためにB2Bマーケターは「やりたいこと」をいったん捨てよ
アクセンチュアの矢野一路氏による講演「デジタル化の未来と求められる営業・マーケティ...

news023.jpg

ミニマリストの消費行動、「持たない人」の特徴とは?――リサーチ・アンド・ディベロプメント調べ
リサーチ・アンド・ディベロプメントは、首都圏在住の生活者へのアンケート調査を基に「...

news072.jpg

オプト、Amazon専門部署を設立
オプトは、企業のAmazonチャネルシフトを支援する専門部署「Amazon戦略部」を新設した。