2014年09月10日 12時00分 UPDATE
特集/連載

“クラウド三国志”の行方を占う“ラスボス”Amazonに斬り込むMicrosoftとGoogleの「魔法の剣」とは?

クラウド市場をめぐる戦いの第1ラウンドにおいて、米Amazonは優位な立場を確立している。米Microsoftと米Googleが勢力を拡大する中、AWSは今後もその地位を維持することができるか。

[David S. Linthicum,TechTarget]
tt_yo_kaigai_20140910cloud.jpg

 クラウドの分野では、さまざまな進化が見られる。そのため、クラウド黎明期のことは忘れられがちだ。クラウドサービスプロバイダーは、おのおの拡大を目指し、市場の覇権を巡って争っている。「Amazon Web Services」(以下、AWS)はクラウド市場で首位の座に君臨し、一人勝ちの状態だ。だが、MicrosoftやGoogleをはじめとする他のクラウドサービスプロバイダーは、Amazonを首位の座から引きずり降ろす機会を虎視眈々と狙っている。

市場はまだ十分に大きい

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news123.jpg

サイバーエージェント、レコメンドエンジンに人工知能を用いたテキスト解析技術を応用
サイバーエージェントのエディトリアルアドスタジオは、レコメンド エンジンの技術開発に...

news098.jpg

「WeChat」など中国の主要ソーシャルメディアへの広告出稿、テンセントIBGが日本企業向け支援サービス提供
テンセントIBGは、訪日中国人観光客の急増によるビジネス機会の獲得を目指す日本企業を対...

news115.jpg

2020年度にはCRM市場の4割弱がクラウド型に――ミック経済研究所が予測
ミック経済研究所は、CRM分野におけるクラウド型市場の現状と中期予測をまとめた「クラウ...