2014年09月10日 12時00分 UPDATE
特集/連載

“クラウド三国志”の行方を占う“ラスボス”Amazonに斬り込むMicrosoftとGoogleの「魔法の剣」とは?

クラウド市場をめぐる戦いの第1ラウンドにおいて、米Amazonは優位な立場を確立している。米Microsoftと米Googleが勢力を拡大する中、AWSは今後もその地位を維持することができるか。

[David S. Linthicum,TechTarget]
tt_yo_kaigai_20140910cloud.jpg

 クラウドの分野では、さまざまな進化が見られる。そのため、クラウド黎明期のことは忘れられがちだ。クラウドサービスプロバイダーは、おのおの拡大を目指し、市場の覇権を巡って争っている。「Amazon Web Services」(以下、AWS)はクラウド市場で首位の座に君臨し、一人勝ちの状態だ。だが、MicrosoftやGoogleをはじめとする他のクラウドサービスプロバイダーは、Amazonを首位の座から引きずり降ろす機会を虎視眈々と狙っている。

市場はまだ十分に大きい

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news118.jpg

AdRollが日本でも「ネイティブ広告」の販売を開始
AdRollは、米国にて提供中の「ネイティブ広告」のサービス提供を日本でも開始した。

news050.jpg

Twitter上でユーザーとのコミュニケーションを自動化、サイバーエージェントがサービス提供
サイバーエージェントは、Twitter上での企業とユーザーのコミュニケーションを自動化する...

news122.jpg

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...