2014年10月16日 12時00分 UPDATE
特集/連載

元MSのレイ・オジー氏らが開発次に来るのはまさかの“音声通信”、注目モバイルアプリ「Talko」が物語ること

テクノロジーパイオニアのレイ・オジー氏が創立したモバイルスタートアップ企業のTalkoはIT部門を引き付けることができるか?

[TechTarget]
ik_tt_talko.png

 ある業界パイオニアが、モバイル分野における人々の通信手段を変革しようとしている。専門家たちは、それがいずれエンタープライズ市場に大きなインパクトをもたらすだろうという。

 米Microsoftの元チーフソフトウェアアーキテクト、レイ・オジー氏が率いるスタートアップ企業Talkoの開発したモバイルアプリケーション「Talko」が、ついに姿を現した。

 エンタープライズ仕様のバージョンはまだ先になるが、Talkoはいずれエンタープライズ通信機能の一部に取って代わるかもしれない、と専門家は話す。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news057.jpg

パナソニックが早稲田大学恩藏ゼミと協働でマーケティングプロジェクトを立ち上げ
パナソニックは、早稲田大学商学部 恩藏直人教授のゼミと協働で、マーケティングプロジェ...

news048.jpg

ぴあデジタルコミュニケーションズ、レシート換金アプリ「ONE」のワンファイナンシャルと協業
ぴあデジタルコミュニケーションズは、ワンファイナンシャルと協業すると発表した。

news018.jpg

「環境ブランド調査2018」サントリーが2年連続首位――日経BP社調べ
日経BP社は、「環境ブランド調査2018」の結果を発表しました。