2014年09月22日 08時00分 UPDATE
特集/連載

ビジネスソーシャルが本格化へ電子メール不要の時代はすぐそこ? Office 365とYammer統合の本当の意味

Microsoftは、企業向けSNS「Yammer」と「Office 365」「Outlook」の統合を強化する計画を明らかにした。Microsoft製品とYammerのソーシャル統合は今後どう進むのだろうか。

[Gina Narcisi,TechTarget]
0919_kf_social.jpg

 米Microsoftは、2012年に12億ドルで買収した米Yammerの企業向けSNS「Yammer」の活用にいよいよ本腰を入れようとしている。Yammerのソーシャル機能と「Office 365」や「Microsoft Outlook」の統合を強化する計画だ。

 YammerとMicrosoft製品の統合は、既にOffice 365と「Microsoft SharePoint」で限定的に実現されている。だが、ほとんどの企業はYammerをスタンドアロン製品として使っている。2014年7月下旬にYammerの共同創業者であるデビッド・サックス氏がYammerとMicrosoftを去ることを発表した。その直後、Microsoftは、Yammerの担当組織をOutlookとOffice 365の開発チームの傘下に置く計画を明らかにした。

YammerとMicrosoft製品の統合:Office 365とOutlookがソーシャルに

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news125.jpg

「Ameba」がMomentumのアドベリフィケーションツールと連携
サイバーエージェントは、Momentumが提供するアドベリフィケーションツール「BlackSwan」...

無料DMP「Juicer」がインティメート・マージャーと広告配信で連携
PLAN-Bは、同社が無料で提供するユーザー分析DMP「Juicer」において、インティメート・マ...

news109.jpg

特定の業種に向けて広告を配信、Geolocation Technologyが「業種バナージャック」を提供
Geolocation Technologyは、IPアドレスを解析しユーザー属性を特定することで指定した業...