2015年02月26日 10時00分 UPDATE
特集/連載

仮想環境の“データ保護”製品選定【バックアップ編】仮想環境のバックアップを難しくする2つの課題

サーバ仮想化が普及した現在においても、仮想環境の運用課題として上位に挙がるのがバックアップだ。ストレージ/バックアップの専門家に、仮想環境のバックアップで無視できない2つの課題とその解決策を聞いた。

[荒井亜子,TechTargetジャパン]
tt_aa_kijimashi.jpg 伊藤忠テクノソリューションズ 木島 亮氏

 サーバ仮想化が普及期を迎えた今もなお、バックアップ/リカバリに関する悩みが後を絶たない。TechTargetジャパンが2014年10月に実施した「仮想化運用管理に関する読者調査」によると、仮想化導入後の課題として2番目に多かったのが「仮想環境のバックアップ」(37.1%)であった。また、2014年4月に実施した「バックアップ/リカバリに関する読者調査」では、仮想環境における課題の1位が「バックアップに時間がかかる」(50.0%)であった。回答者の半数が仮想環境でバックアップを取り終えるまでに多大な時間を費やしていることが分かる。

 今回は、伊藤忠テクノソリューションズで仮想環境のデータ保護、可用性(HAクラスタ)、災害対策(DR)/事業継続計画(BCP)に関する案件対応、技術検証を行っている木島 亮氏に、昨今の仮想環境におけるバックアップ課題とその解決策についてインタビューした。なお、木島氏が過去にTechTargetジャパンで執筆した連載「仮想環境のバックアップ製品 選定ポイント」はPDFでも提供している。まとめて読みたい方は、以下からダウンロードしていただきたい。

TechTargetジャパンの連載をまとめ読み(会員限定、無料)


仮想環境のバックアップで無視できない2つの課題

 VMware環境において先に挙げたバックアップ課題「バックアップに時間がかかる」を解決するには、VMwareが提供するバックアップのAPI「vStorage API for Data Protection」(VADP)、そしてバックアップ製品の「重複排除」機能が鍵となる。バックアップ製品選びの際にも、この2点に着目して選定することが重要だ。特に、バックアップ製品の重複排除機能に「永久増分バックアップ」が含まれているどうかは、中大規模環境では重要なポイントとなる。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news042.jpg

訪日外国人観光客が礼賛、おもてなし力が高い日本の都市トップ10――Airbnb調査
訪日外国人旅行者の目的が体験型消費に移行しつつあるといわれる中、どのような都市が高...

news033.jpg

Facebook日本進出から10年、個人情報不正利用問題が広告事業に与える影響は?
Facebook日本進出10周年に当たり、フェイスブックジャパンは記者向けの説明会を開催。気...

news114.jpg

LINE、QRコード読み込みで即時抽選ができる店頭販促支援サービス「LINEインスタントウィン」を提供
LINEは、「LINE」を活用した店頭販促ソリューション「LINE SP Solutions」の新メニューと...