2015年02月26日 08時00分 UPDATE
特集/連載

医療IT最新トピック約900万人の診療データベースを活用する薬剤の副作用分析サービスが登場

済生会熊本病院が開発したクリニカルパス改善ソフトウェア、薬の受け取り時間と店舗を指定できるマツモトキヨシのスマートフォン公式アプリなど、医療IT関連の最新トピックを紹介します。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]
jo_tt_150226_md1.jpg

 「IT化が他分野より10年遅れている」ともいわれる医療業界だが、関連技術や製品、サービスは日々進化している。医療IT関連の動向を紹介する「医療IT最新トピック」。今回は、済生会熊本病院が開発した治療プロセスの品質管理を支援するソフトウェア、日立システムズのチーム医療のための院内コミュニケーションツール、薬の受け取り時間と店舗を指定できるマツモトキヨシのスマートフォン公式アプリなどを取り上げる。

社会福祉法人 秀峰会がワークフローシステム導入、稟議書決裁を効率化

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

ソフトバンク・テクノロジー、チャットbotでWebサイトの分析や課題発見をサポートする「SIGNAL AI」を提供
ソフトバンク・テクノロジーは、Webサイト分析やアドバイスを行いながらデータ活用人材を...

news065.png

パイプドビッツなど3社、製薬企業向けマーケティングオートメーションパッケージ「BtoD」が提供開始
パイプドビッツは、メディコムとトライベック・ストラテジーの2社と共同で、製薬企業向け...

news108.jpg

EC・通販の広告クリエイティブは「製品・サービスを手に取ってもらう」ことに割り切る
豊富な実務知見に基づき、EC・通販で成功する方法について解き明かしていく本シリーズ。...