2015年02月12日 08時00分 UPDATE
特集/連載

医療IT最新トピック外国人患者へのおもてなし強化を目指す浦添総合病院、リアルタイム通訳を実現

「データヘルス計画」支援でのDeNAと住友商事の提携、浦添総合病院のリアルタイム通訳サービス導入、大阪市天王寺区のスマホ向け子育て情報アプリの提供開始など、医療IT関連の最新トピックを紹介します。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]
jo_tt_150210_md1.jpg

 「IT化が他分野より10年遅れている」ともいわれる医療業界だが、関連技術や製品、サービスは日々進化している。医療IT関連の動向を紹介する「医療IT最新トピック」。今回は、健康保険組合の「データヘルス計画」実施を支援するディー・エヌ・エー(DeNA)と住友商事の合弁会社設立、急増する外国人患者への医療サービス向上を目指す浦添総合病院のリアルタイム通訳サービスの導入、大阪市天王寺区のスマートフォン(以下、スマホ)向け子育て情報アプリの提供開始などを取り上げる。

政府が後押しする電子お薬手帳、2020年の市場規模は155億円に

ITmedia マーケティング新着記事

news150.jpg

DataRobotとMarketoが連携、AIで業務の自動化と高精度な予測分析を一挙に実現
DataRobot Japanとマルケトは、「Marketo」と「DataRobot」のAPIによる接続検証を行い、...

news097.jpg

HubSpot CMOに聞いたインバウンドマーケティングの新フレームワーク「フライホイール」のこと
HubSpotが提唱するインバウンドマーケティングを実践するための新フレームワークと製品体...

news056.jpg

デジタル投資の意思決定、キーパーソンはCFOに――アクセンチュア調査
アクセンチュアの最新調査によると、企業のデジタル投資に関する意思決定でCFO(最高財務...