2014年10月10日 08時00分 UPDATE
特集/連載

パーキンソン病の治療に向けてウェアラブルとビッグデータで医療を変えるマイケル・J・フォックス財団とIntel

パーキンソン病患者でもあるマイケル・J・フォックスが立ち上げた財団とIntelが、パーキンソン病の共同研究を行っている。ウェアラブルデバイスとビッグデータ解析が、研究者に貴重なデータを提供している。

[Archana Venkatraman,Computer Weekly]
Computer Weekly

 俳優のマイケル・J・フォックス氏が立ち上げたパーキンソン病患者を支援する慈善活動が、ウェアラブルテクノロジー、ビッグデータ解析、パブリッククラウドコンピューティングを利用した研究プロジェクトを通じて、パーキンソン病の治療法を変えようとしている。

Computer Weekly日本語版 10月8日号無料ダウンロード

15301.gif

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 10月8日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。


 パーキンソン病は神経変性の脳疾患で、患者数は全世界で約500万人にも上る。60代での発症例が多い病気だが、若年層でも発症の恐れがある。この病気に関連する運動症状や非運動症状は多岐にわたる。

 マイケル・J・フォックス パーキンソン病リサーチ財団(以下、MJFF)のCEO、トッド・シェラー氏は、「パーキンソン病が最初に報告されてから200年近くたとうとしているが、いまだ原因は特定されておらず、病状の測定にも限界がある」と話す。「主な課題は、発症する患者の多様さと、症状や病状の進行が多岐にわたることだ。パーキンソン病は、症状が頻繁に変化し、自覚症状が伴うものも、発作的な症状もある」

 MJFFは米Intelと共同で研究を行っている。Intelは、米Amazon Web Services(AWS)のクラウド上にオープンソースのビッグデータ解析プラットフォームを構築し、ウェアラブルデバイスから収集した患者データを解析している。

 この慈善活動の願いは、数千人の患者から集めたパーキンソン病による動作緩慢、震え、睡眠の質に関するデータが、医師による病状進行の測定に役立てられ、治療薬開発が飛躍的に進むことだ。

 「データサイエンスとウェアラブルコンピューティングは、患者が実際に体験する状況を入手し、客観的に測定できるようになる可能性を秘めている。これは、医薬品開発、診断方法、治療法に影響を与える」とシェラー氏は話す。

スマートウオッチによるデータ収集

 この研究では、スマートウオッチを使用して常時リアルタイムにデータの収集と送信を行う。研究者は各瞬間のデータポイントを調べ、数千人の患者の測定値を1秒間に数百個の速度で解析できるため、パターンの特定に必要な臨界質量のデータを調査することが可能だ。

 Intelのデータセンターグループでシニアバイスプレジデント兼ジェネラルマネジャーを務めるダイアン・ブライアント氏は、「パーキンソン病はその症状の多様さから、病状進行のモニタリングには他の病気にはない課題がある」と話す。「最新テクノロジーを利用することで、パーキンソン病の測定に関する新たなモデルを築くことができる」

 2014年初頭、MJFFとIntelは研究の第1段階に入った。この段階では、

続きはComputer Weekly日本語版 10月8日号にて

15301.gif

本記事は抄訳版です。全文は、以下でダウンロード(無料)できます。


Computer Weekly日本語版 最近のバックナンバー

Computer Weekly日本語版 9月17日号:Amazonはクラウド界のMicrosoftか

Computer Weekly日本語版 9月3日号:企業はApple製品を受け入れるべきか?

Computer Weekly日本語版 8月20日号:Windows 9は必要なのか?


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news002.jpg

ユーザーと共に作る広告、期待と課題は? JIMOS担当者と語る
UGC(ユーザー生成コンテンツ)を広告に活用している企業ではどのような効果や課題を感じ...

news095.png

フロムスクラッチ、「b→dash」にGUIで自由にデータマートを作成できる新機能を追加
フロムスクラッチは、マーケティングプラットフォーム「b→dash」において、データウェア...

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...