2015年03月09日 12時00分 UPDATE
特集/連載

データセンター向けの高性能な機能群を紹介「Windows Server 2012 R2」最強伝説を裏付ける5つの管理機能

米Microsoftの最新サーバOS「Windows Server 2012 R2」は、データセンター向け機能を多く搭載する。これらの高性能な機能によって複数のドメインの管理を容易にしている。

[Jeremy Stanley,TechTarget]

ハイブリッドクラウドを前面に押し出した「Windows Server 2012 R2」

jo_tt_150303_ss.jpg

 米Microsoftの「Windows Server 2012 R2」は、同社の「Windows Server」シリーズの最新かつ最高のOSである。同社のデータセンター向け製品は、あらゆる規模の企業がアプリケーションを開発し、多数の高性能な機能を使用して複数のドメインを管理しやすくすることを目的としている。

 Windows Server 2012 R2は、記憶域スペースの階層化、新しい仮想ハードディスク形式である「VHDX」のサイズ変更、データの重複除去をサポートすることで、高いパフォーマンスを実現している。また、複数のクラウド環境にあるストレージを横断的に管理する機能によって、クラウド環境をつなぐ基盤としての役割も果たすことができる。

 Windows Server 2012 R2の機能は強化されているが、データセンターをクラウドベースにして、モバイル対応にするほどの機能は備えていない。だが、Windows Server 2012 R2には、その機能を拡張する各種ツールがある。有料の製品もあれば、無料のアドオンもある。このようなツールをインストールすると、デフォルトのインストールでは利用できない多数の管理機能が利用可能になる。

Windows Server 2012 R2を強力援護する「System Center 2012 R2」

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news048.jpg

シャノンとサイカが連携、マーケティングデータの「統計分析サービス」を提供開始
シャノンはサイカと連携し、マーケティングデータの「統計分析サービス」の提供を開始す...

news117.jpg

SSP「MicroAd COMPASS」がAMP対応広告タグの提供を開始
マイクロアドは、媒体社向けに提供している国内最大級のSSP「MicroAd COMPASS」において...

news018.jpg

エクスペリエンスは「場」から「時間」へ――エクスペリエンス×IoTのメカニズム
顧客の過去・現在・未来のエクスペリエンスは「データ」を媒介にして1本の「時間」の軸で...