2015年04月28日 12時00分 UPDATE
特集/連載

標準的なシステム構成でもAWS、Azureで大きな差がパブリッククラウド別のコスト試算で分かった“衝撃の事実”

アプリケーションをクラウドで運用するコストは算定しづらい。だが、オンラインツールを使用してコストを分析すると、プラットフォームの選択肢を絞ることができる。

[Kurt Marko,TechTarget]
photo 米RightScaleが実施したベンダー別パブリッククラウドの利用状況調査《クリックで拡大》

 現在、パブリッククラウドは「継続的な価格の低下」「セットアップの容易さ」「安価な参入コスト」「管理上の煩わしさの緩和」「先天的なスケーラビリティ」などの理由から、企業にとって非常に魅力的な選択肢になり得る。クラウドインフラの規模や競争によって価格は押し下げられているが、いまだに多くの開発者が米Amazon Web Servicesの「Amazon Web Services(AWS)」のコストを適切に算出できていないのが実情だ。

 あるIaaSの価格に関する調査によると、基本レベルのクラウドサービスのコストは2012年から2015年の間に95%低下しているという。2012年の時点で1時間当たり35〜70セントだったコストは、2015年には10〜30セントになっている可能性が高い。また、別の調査では、Amazonの「AWS Elastic Compute Cloud(EC2)」インスタンスの1時間当たりのコストが2013年と2014年の2年間で56%減少していることが明らかになっている。

クラウド請求書でうろたえないために必要なこと

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...