2014年09月25日 12時00分 UPDATE
特集/連載

米Gartnerが独自基準で評価至高のクラウドはどちら? Amazon Web ServicesとMicrosoft Azureを徹底比較

クラウド市場のトップを走り続けている 米Amazon Web Servicesに対し、それを追う米Microsoftは今後、自らの優位性を十分に生かし、より大きな影響力を持つことができるのだろうか。

[Adam Hughes,TechTarget]
tt_yo_kaigai_20140925awsvsazure.jpg

 今は米Amazon Web Servicesの「Amazon Web Services」(AWS)が米Microsoftの「Microsoft Azure」に大きく差をつけているかもしれない。だが、パブリッククラウド市場の覇権をめぐる戦いは、短距離競走ではなく長距離競走だ。

 米調査会社GartnerのIaaSクラウド評価基準「Evaluation Criteria for Cloud Infrastructure as a Service」の2014年版では、AWSが1つを除く全てのカテゴリでMicrosoftをリードしている。AWSはGartnerがIaaSに求める基準のうち92%を満たしているのに対し、Microsoftは75%しか満たしていない。

AWSがAzureよりも優れている点

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news114.jpg

GoogleアナリティクスとShirofuneが連携
Shirofuneは、クラウド広告運用ツール「Shirofune」に、1分で終了する簡単な設定だけでGo...

news106.jpg

「PIA DMP」、CCIが提供する「BEYOND X PMP」へのデータ提供を開始
ぴあデジタルコミュニケーションズは、同社が提供するDMPサービス「PIA DMP」がサイバー...

news074.jpg

アクセンチュアが提唱、成果を出すためにB2Bマーケターは「やりたいこと」をいったん捨てよ
アクセンチュアの矢野一路氏による講演「デジタル化の未来と求められる営業・マーケティ...