2015年10月27日 08時00分 UPDATE
特集/連載

Microsoftの“逆襲”が本格化iPad派も認めざるを得ない「Surface」大躍進、新製品で加速か

スマートデバイス市場で長らく、米Apple、米Googleの2大巨頭に押され気味だった米Microsoft。同社は「Surface」シリーズを核に、ここにきて急速に存在感を示し始めた。

[TechTarget]
tt_tt_Surface_01.jpg Microsoftがタブレット市場で攻勢を強めている(TechTargetジャパン記事「『Surface Book』は『MacBook Pro』を意識し過ぎ? MS新戦略に胸騒ぎ」より)

 米調査会社Strategy Analyticsによれば、2015年第2四半期のビジネス向けタブレットの出荷は、前四半期比で増加している。タブレットの出荷数は米Microsoftの「Surface」シリーズの好調な売り上げに支えられ、2%増加して1960万ユニットであった。

Surfaceが大躍進

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

電通デジタル、デジタル広告効果の新指標「ビュースルー行動転換率」を開発
電通デジタルは、デジタル広告の効果測定において、クリックありきではなく広く接触経験...

news008.jpg

スターバックス コーヒー ジャパンが考える「差別化」と「エンゲージメント」の意味
2017年6月に行われた「CMO Japan Summit 2017」の中から、スターバックス コーヒー ジャ...

news032.jpg

セキュリティカメラを活用したCRMシステム、ボッシュセキュリティシステムズとブレインパッドが提供
ボッシュセキュリティシステムズとブレインパッドは、マーケティング領域での連携サービ...