2015年11月18日 08時00分 UPDATE
特集/連載

私物スマートフォンの業務利用はどうあるべきか?BYOD最終案内 ポリシーを徹底できない企業はつまづく

企業がBYODに取り組む場合、セキュリティの観点から端末を管理する必要があるが、エンドユーザーは管理されるのは否定的だ。エンドユーザーの使い勝手を維持しつつセキュリティも維持できる管理方法を探る。

[Mike Chapple,TechTarget]
tn_tt_byod.jpg モバイル端末向けOSの強みと課題(出典:ガートナー2013年4月)《クリックで拡大》

 企業ではモバイルデバイスの使用が爆発的に増加している。そして、多くの企業は従業員に対して独自のBYOD(私物端末の業務利用)ポリシーを展開している。だが、企業で従業員が私物端末を使用すると、モバイルセキュリティのリスクは高くなる。法規則を順守する必要がある企業がBYODに取り組む場合、監視を強化して、セキュリティとプライバシーポリシーに抵触しないようにしなければならない。

手始めはポリシーと教育

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

ソネット・メディア・ネットワークスが「Logicad Video Ads」の提供を開始
ソネット・メディア・ネットワークスは、2017年1月17日、「Logicad Video Ads」の提供を...

news102.jpg

「女神のマルシェ」がライブコマース連動企画を実施
Candeeは、セブン&アイ・ホールディングスが提供する総合通販サイト「オムニ7」および日...

news071.jpg

ANAグループの顧客接点活用した訪日外国人向けプロモーション支援サービス、デジタルガレージが提供
デジタルガレージは全日空商事と協業し、国内企業や地方自治体が行う訪日外国人向けマー...