2015年03月20日 15時00分 UPDATE
特集/連載

決して無視できない「WYOD」お手本は「iPhone」――「Apple Watch」のビジネス利用はどこまで期待できる?

ウェアラブル端末の業務利用が進むことで、「WYOD」(Wear Your Own Device)の時代がすぐそこまで迫っている。IT部門は今、ウェアラブル端末の管理とセキュリティという新たな課題に直面しようとしている。

[Lisa Phifer,TechTarget]
0320_kf_wyod_190.jpg

 ウェアラブル端末が一般に浸透しようとしている中、IT部門は端末の管理やセキュリティ対策を準備する必要がある。時計や眼鏡型のスマートデバイス、健康やフィットネス情報の活動量計をはじめとするウェアラブル技術は、IT部門に新たな課題をもたらす可能性がある。

 全米家電協会(CEA)が2015年1月に発表した半期報告書によれば、ウェアラブル端末市場は2015年に急成長するという。その出荷台数は3090万台、2014年と比べて61%の増加になると見積もっている。また、スマートウオッチは、韓国Samsung Electronicsの「Gear S」や米Appleの「Apple Watch」など最新の製品に後押しされて、359%の急成長を遂げると予想している。

 Appleの「iPhone」がBYOD(私物端末の業務利用)のきっかけとなったのと同じように、Apple Watchなどの新製品が「WYOD」(Wear Your Own Device)のトレンドを生み出すことになるだろう。エンタープライズ市場もこの潮流を決して無視することはできない。

「iPad mini 3 Wi-Fi 16GB」、読者プレゼント実施中!

iPad mini 3

TechTargetジャパンは、企業のIT担当者なら知っておきたいIT技術の入門記事を集約したテーマサイト「『知ってるつもり』では恥ずかしい 基礎から学ぶ、新入社員に教えたい『IT新常識』」を開設しました。本テーマサイトの開設を記念して、米Appleの7.9インチタブレット「iPad mini 3 Wi-Fi 16GB」(色はシルバー)を抽選でプレゼントします。


ウェアラブル技術の業務利用

ITmedia マーケティング新着記事

news007.jpg

電通デジタル、日本企業のデジタルトランスフォーメーション&デジタルマーケティングに関する調査を実施
電通デジタルが実施した「デジタルトランスフォーメーションとデジタルマーケティングの...

news048.jpg

Facebook活用で地方創生、神戸市の取り組みで見えた成果と課題とは?
フェイスブック ジャパンと神戸市が2018年7月に提携した「地域経済・地域コミュニティ活...

news035.jpg

スパイスボックスがAIを活用したフォロワー獲得サービス、ブランドと親和性の高いユーザーに「いいね!返し」
スパイスボックスは、AIスタートアップ企業AIQが蓄積するInstagram約700万アカウントのプ...