徹底レビュー:「Samsung Gear Live」の毎日着けたくなる使用感と痛過ぎる欠点Android Wear搭載スマートウオッチを検証

韓国Samsung ElectronicsのAndroid Wear搭載スマートウオッチ「Samsung Gear Live」は、ウェアラブルデバイスの可能性を示すことができるだろうか。Gear Liveは優れた製品だが、大きな欠点もある。果たしてそれは何だろうか。

2014年08月15日 20時00分 公開
[Jamison Cush,TechTarget]

 実績のない市場で実用性とファッション性を兼ね備えたハードウェアを開発する――、そんな使命を担っているウェアラブルメーカーの努力は同情に値する。米Googleのウェアラブルデバイス向けOS「Android Wear」を最初に搭載しようと決断した韓国LG Electronicsや韓国Samsung Electronics、米Motorola Mobilityといったハードウェアパートナー各社には憐れみすら覚える。

《クリックで拡大》

 こうしたメーカーが販売するスマートウオッチが数百ドルもしなければ、彼らの置かれている状況は違っていただろう。しかし、その高額な価格設定により、多くの人はスマートウオッチを不要なデバイスと見ている。つまり、スマートウオッチは、買っても1年後には“話のネタ”にしかなりかねない、そんな未成熟な市場であるということだ。それはともかくとして、ウェアラブルデバイスはその可能性を示す必要がある。スマートウオッチについては、Samsung、LG、Motorolaの3社がその役目を担わなければならない。

 Android Wearを搭載するハードウェアにとって好都合なのは、Android Wear自体が大きな可能性を秘めていることだ。Android Wearのレビュー記事では、次のように述べた(参考:徹底レビュー:「Android Wear」に感じた“未来っぽさ”と厳し過ぎる現実)。「Android Wearには他のウェアラブルメーカーよりも将来性がある。GoogleはAndroid Wearについて明確なビジョンを持っている。そのビジョンとは、ユーザーが必要なときに簡明で役立つ情報をひと目で把握できる状態で提供するというものだ」

 肝心なハードウェアについてはどうだろうか。本稿では、注目を集めているSamsungのAndroid Wear搭載デバイス「Samsung Gear Live」(以下、Gear Live)を検証してみたい。

「Android Wear」端末、読者プレゼント実施中!

TechTargetジャパンは、メガネ型や腕時計型といった身に付けるコンピュータ、「ウェアラブル端末」の関連記事を集約したテーマサイト「未来の仕事はこれで変わる 「ウェアラブル時代」の幕開け」を開設しました。本テーマサイトの開設を記念して、Googleのウェアラブル端末用OS「Android Wear」の搭載端末、「Samsung Gear Live」を抽選で2名にプレゼントします。

プレゼント申し込みはこちら


構造とデザイン

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「インクルーシブマーケティング」実践のポイントは? ネオマーケティングが支援サービスを提供
ネオマーケティングは、インクルーシブマーケティングの実践に向けたサービスを開始した...

news135.jpg

Xが新規アカウントに課金するとユーザーはどれほど影響を受ける? そしてそれは本当にbot対策になるのか?
Xが新規利用者を対象に、課金制を導入する方針を表明した。botの排除が目的だというが、...

news095.jpg

Googleの次世代AIモデル「Gemini 1.5」を統合 コカ・コーラやロレアルにも信頼される「WPP Open」とは?
世界最大級の広告会社であるWPPはGoogle Cloudと協業を開始した。キャンペーンの最適化、...