2014年02月10日 08時00分 公開
特集/連載

期待外れ? スマートウオッチ「GALAXY Gear」が“不発”だったワケ端末としての成熟が必要

韓国Samsungのウェアラブルデバイス「GALAXY Gear」は大きな注目を集めた一方で、市場の反応は厳しい。利用条件や価格、機能面など、改善すべき点は多い。だが、スマートウオッチの可能性を判断するのは時期尚早だ。

[Matt Schulz,TechTarget]

 これまでのところ、韓国Samsungの「GALAXY Gear」(以下、Gear)に代表されるウェアラブルデバイスは、熱意のない歓迎と辛らつな評価しか得ていない。だが、こうした第1世代のスマートウオッチが、市場から引導を渡されたとみるのは早計だ。

先駆者の苦悩を味わう現行製品

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

「6G」の特許出願レースは中国がリード、日本は追い付けるか?
2020年台後半には実用化が始まるといわれる6Gの技術。日本は世界で存在感を示せるでしょ...

news016.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年9月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

news018.jpg

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。