2015年10月11日 09時00分 UPDATE
特集/連載

Android、Windowsとは何が違う?「iPhone」「iPad」――iOSデバイスだけがビジネスで使われ続ける単純な理由 (1/2)

Appleは企業向けモバイル市場でBlackBerryからトップの座を奪い、Windowsより優先される存在になった。Androidも進出拡大へ攻勢を強める。

[Robert Sheldon,TechTarget]

関連キーワード

Windows 10 | Android | iOS | Windows


tt_aa_kaigai02.jpg モバイル端末向けOSの強みと課題(出典:ガートナー2013年4月)《クリックで拡大》

 米Appleの「iOS」は依然として法人市場で大部分のモバイルデバイスを率いる存在だ。だが「Android」も引き続き企業向け領域でシェア確保を狙う。

 カナダBlackBerryはかつて企業向けモバイルで独占的存在だったが、Appleの攻勢に遭って地盤を守り切れなかった。米Microsoftはスマートフォンメーカー向けに無償でモバイル用「Windows」を提供しているにもかかわらず、企業向け分野でほとんど成功を収めていない。必然的に残るのはAndroidとiOSの争いだ。

       1|2 次のページへ
この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

インターネットが好き過ぎる人々の夏
テクノロジーは日進月歩。技術に合わせて私たちのITリテラシーは進化しているのか。ネッ...

news061.jpg

ABM実現のためのデータマネジメントサービスでサンブリッジがリアライズと提携
サンブリッジとNTTデータグループのリアライズは、アカウントベースドマーケティングの実...

news018.jpg

「ラストクリック依存」はなぜ失敗するのか?
CPA(顧客獲得単価)の最適化という目標は達成できているのに肝心の収益には貢献していな...