2016年01月06日 08時00分 UPDATE
特集/連載

IoT、DCIM、オープン標準サーバなど「液冷方式」普及も――2016年データセンターを変える8つのトレンド (1/2)

データセンター施設は巨大な変化の波にさらされており、オープン標準やDCIM(データセンターインフラ管理)といったトレンドが流行する一方で、各種の新技術が機器密度と電力の限界を押し上げている。

[TechTarget]
データセンター内部 TechTargetジャパン「潜入! 写真で分かる「Facebook」の巨大データセンター」より《クリックで拡大》

 ほとんどのデータセンターは、今後5年間で物理スペースを少なくとも30%削減できるだろう。これは2020年まで続くと予想されるデータセンターの新たなトレンドの1つだ。

 米調査会社Gartnerでリサーチディレクターを務めるエンリケ・チェッキ氏によると、機器の高密度化や仮想化、コロケーション施設への移転、クラウドコンピューティングといったトレンドはいずれも、データセンターの運用に影響を及ぼしているという。

 データセンター管理者は現状に甘んじることなく、高密度化およびそれが電力、冷却、スペースに及ぼす影響について考えなければならない。さらに、セキュリティも絶えず考慮に入れる必要がある。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news022.jpg

Webアナリティクス、日本の市場規模は米国の14%以下
他社はどのツールを導入しているのか。営業インテリジェンスデータサービス「Datanyze」...

news049.jpg

広告の透明性に「取り組みが必要」な企業は9割超、でも過半数はガバナンスに課題――トーマツ調査
日本企業における広告・メディア取引の実態を把握するため、105社を調査した結果。

news028.jpg

キッズラインのベビーシッターを起用したプロモーション支援、サイバー・バズが提供
サイバー・バズはキッズラインと共同で、ベビーシッターやママインフルエンサーを起用し...