2016年01月06日 08時00分 UPDATE
特集/連載

IoT、DCIM、オープン標準サーバなど「液冷方式」普及も――2016年データセンターを変える8つのトレンド (1/2)

データセンター施設は巨大な変化の波にさらされており、オープン標準やDCIM(データセンターインフラ管理)といったトレンドが流行する一方で、各種の新技術が機器密度と電力の限界を押し上げている。

[TechTarget]
データセンター内部 TechTargetジャパン「潜入! 写真で分かる「Facebook」の巨大データセンター」より《クリックで拡大》

 ほとんどのデータセンターは、今後5年間で物理スペースを少なくとも30%削減できるだろう。これは2020年まで続くと予想されるデータセンターの新たなトレンドの1つだ。

 米調査会社Gartnerでリサーチディレクターを務めるエンリケ・チェッキ氏によると、機器の高密度化や仮想化、コロケーション施設への移転、クラウドコンピューティングといったトレンドはいずれも、データセンターの運用に影響を及ぼしているという。

 データセンター管理者は現状に甘んじることなく、高密度化およびそれが電力、冷却、スペースに及ぼす影響について考えなければならない。さらに、セキュリティも絶えず考慮に入れる必要がある。

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news010.jpg

メルカリ、フィンテック、宅配便再配達問題…… EC時代の生活者インサイトはどうなってる?
利便性がもたらす社会のひずみについて考えさえられる今日このごろ。各種の調査データか...

news116.jpg

ドーモ、MobifyのEC向けプログレッシブWebアプリ(PWA)を提供開始
ドーモは、日本代理店として取り扱うMobifyの新しいEコマース向けプログレッシブ Webアプ...

news068.jpg

動画広告に最適な「尺」「デザイン」「メッセージ」他、ヒトクセ 宮崎 航氏が語る実践的ノウハウ
本稿では、2017年5月11日に実施された「Web & デジタル マーケティング EXPO 春」におけ...