2014年10月04日 09時00分 UPDATE
特集/連載

数十万台のサーバが稼働中潜入! 写真で分かる「Facebook」の巨大データセンター

米ノースカロライナ州にあるFacebookの巨大データセンターに潜入。独自仕様で開発されたサーバやストレージを見た。写真とともに紹介しよう。

[Meredith Courtemanche,TechTarget]
ik_tt_fb04.jpg

 米Facebookは米国とスウェーデンに設置したデータセンターで、同社が主導する「Open Compute Project」(OCP)の仕様に基づく数十万台ものサーバをホストしている。米ノースカロライナ州フォレストシティにある各データセンター施設でそれぞれ数万台が稼働中だ。

 本稿ではフォレストシティのデータセンター内の写真とともに、OCP仕様のサーバおよびストレージや、同社が設計した冷却システムなどについて見ていこう。

Facebookサーバの特徴

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news106.jpg

「Gotcha!mall」が「LINE」と連携
グランドデザインは、スマートフォンオムニチャネルプラットフォーム「Gotcha!mall(ガッ...

news002.jpg

ユーザーと共に作る広告、期待と課題は? JIMOS担当者と語る
UGC(ユーザー生成コンテンツ)を広告に活用している企業ではどのような効果や課題を感じ...

news095.png

フロムスクラッチ、「b→dash」にGUIで自由にデータマートを作成できる新機能を追加
フロムスクラッチは、マーケティングプラットフォーム「b→dash」において、データウェア...