2014年07月28日 15時00分 UPDATE
特集/連載

初めてのサーバ購入【前編】サーバが高価になるのはそれなりの理由がある

サーバの価格はプロセッサやメモリ、ストレージなどさまざまな構成要素で決まる。用途に合った適切な構成のサーバを適切な価格で購入するには何に気を付ければいいのか。

[Stephen J. Bigelow,TechTarget]
ik_tt_server01.jpg

 エンタープライズサーバの購入判断は一筋縄ではいかない。

 ITプランナーは、厳しい予算の制約の中で将来のコンピューティングニーズを満たすハードウェアを選択するという厄介な仕事を抱えている。間違ったサーバを選んで買ってしまうと、問題が尾を引き、高くつくことになる。

 購入時に構成をアップグレードしたりアドオンを追加したりすると、サーバコストは上がるが、お金を掛けるだけの価値がある場合がある。サーバを上手に購入するためのもう1つのポイントとして購入量がある。大量に注文すれば、サーバの購入単価が下がるからだ。

高価なハードウェアオプション

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

ラグビーに関心を持つ人が急増――マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングが調査
「2019年スポーツマーケティング基礎調査」の結果から速報値を紹介します。

news126.jpg

Qlik、SaaS版セルフサービスBI製品「Qlik Sense Business」を発表
Qlikの特許技術である連想インデクシング(Associative Indexing)による高度なアナリテ...

news010.jpg

日本人の1日のメールチェック時間は仕事用77分、私用53分 調査対象7カ国で最短――Adobe調査
メールの開封率およびエンゲージメント率向上のためにはまず、企業からのメールがいつ、...