2016年03月08日 12時00分 UPDATE
特集/連載

ConcurとIntelの語る“データ管理の教訓”IT部門とビジネス部門の一触即発の危機を解決、セルフサービスBIはどのように役立つ?

「2016 TDWI Executive Summit」で、ConcurとIntelがセルフサービス型のビジネスインテリジェンス(BI)ツールを導入した戦略とそのメリットについて自社事例を紹介した。

[Craig Stedman,TechTarget]
Tableau データ分析ツールの「Tableau」(画像はWebサイトより)《クリックで拡大》

 ラスベガスで2016年2月2月1〜2日に開催された「2016 TDWI Executive Summit」で講演した複数名のビジネスインテリジェンス(BI)マネジャーは、実体験に基づくアドバイスを同業者に提供している。それは、セルフサービス型のBIテクノロジーについて心配するのを止めて、歓迎することを学ぶというものだ。

 必要な分析ニーズが満たされていないビジネス部門がIT部門やBIチームをうまくかわす方法として、セルフサービス型のソフトウェアが導入されることは少なくない。その結果、分析作業にまとまりがなくなり、IT部門とビジネス部門の間で少なからぬ問題を引き起こしている。部門間の対立に疲れた企業では、クラウドベースのセルフサービス型のBIが導入され、IT部門がサポートするサービスとして受け入れられている。

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

大日本印刷とSMN、丸善ジュンク堂書店が保有する書誌データなどを活用した広告配信プラットフォームで協業
大日本印刷が、グループの丸善ジュンク堂書店、ハイブリッド型総合書店hontoの「本の通販...

news090.jpg

広告コミュニケーションを「ヒアリングファースト」で一方向から双方向へ
「Forbes 30 Under 30 Asia」に選出された気鋭の起業家の目に映る次世代の広告体験とはど...

news022.jpg

Webアナリティクス、日本の市場規模は米国の14%以下
他社はどのツールを導入しているのか。営業インテリジェンスデータサービス「Datanyze」...