2010年05月28日 08時00分 UPDATE
特集/連載

仮想化リーダー企業に聞く2010年の戦略【第3回:ヴイエムウェア】全方位戦略で仮想化市場拡大を推進、クラウドでもリーディングベンダーへ

仮想化のリーディングカンパニーとしてまい進し続けるヴイエムウェア。2010年はサーバ仮想化の先にある新たな市場でも主導権を握るべく、4つの重点施策を掲げる。

[唐沢正和]

2010年第1四半期、日本市場では前年同期比2倍の売り上げを達成

 仮想化市場をリードするヴイエムウェアは2010年、好調に業績を伸ばしている。米本社が2010年4月に発表した2010年第1四半期の売り上げは、ワールドワイドで前年同期比35%増と大幅成長した。地域別では、米国市場が前年同期比30%増、米国以外のインターナショナル市場が前年同期比40%増となり、特に日本市場については前年同期比100%増と飛躍的な成長を遂げた。

画像 ヴイエムウェア マーケティング本部長の篠原克志氏

 同社の業績拡大は、本格的に盛り上がりを見せる国内の仮想化市場の現状をそのまま表しているといえる。一方で、競合ベンダーのヴイエムウェア追撃への動きは激しさを増している。特に、サーバ仮想化においてはマイクロソフトが「Microsoft Hyper-V」で、デスクトップ仮想化においてはシトリックス・システムズ・ジャパン(以下、シトリックス)が「Citrix XenDesktop」で、市場切り崩しに向け本格的に攻勢を掛け始めている。

 こうした動きに対してヴイエムウェア マーケティング本部長の篠原克志氏は、「当社は競合ベンダーと同じ土俵で仮想化市場のシェア争いをするつもりはない。競合ベンダーが本格参入してきたことで、仮想化という技術が当たり前になり、市場が大きく拡大した。そしてその市場規模はまだまだ大きくなるポテンシャルを秘めている。当社の戦略では、サーバ仮想化の先にある市場ニーズを見据えながら、競合ベンダーとは異なる次元で新たな段階へと進んでいる」と、揺るぎない自信を見せる。

 では、ヴイエムウェアは、拡大する仮想化市場の中でどこへ向かおうとしているのか。篠原氏は、2010年に取り組む重点施策として、

  1. サーバ仮想化環境における運用管理効率化
  2. デスクトップ仮想化の市場拡大
  3. 中堅・中小企業市場の開拓
  4. クラウドコンピューティングの推進

という4つのキーワードを挙げた。この4つの重点施策を追うことで、同社が目指している仮想化市場の姿が見えてきそうだ。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...