TechTargetジャパン

事例
事例に見る「Evernote Business」&「Salesforce」が生み出す新しい営業スタイル
 クラウドベースのノートアプリ/サービス「Evernote」に、共有機能やセキュリティ強化をプラスした「Evernote Business」。議事録や資料を共有でき便利だが、関係者にいちいちメール送信するのは少々面倒だ。ノートに書いた瞬間に共有作業が完了すれば、便利ではないだ...(2014/7/14 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

事例
成功企業のSalesforce×Fintechを活用した電子請求の構築事例
 これまでスクラッチ開発や個別カスタマイズが当たり前だった業務管理の領域でも、クラウドサービスによる低コスト化が急速に進んでいる。しかし、販売管理や会計などのシステム連携が不十分で、その隙間を運用で補わなければならないなど、クラウド化のメリットを生かせ...(2017/2/1 提供:株式会社Cloud Payment)

事例
成長を続ける企業には必ずある、営業のPDCAサイクルを回す「7つの力」
 営業案件の管理に表計算ソフトを使っているケースは多いが、会議のたびに成約の確度や顧客先、進捗状況など、そこに記述されている内容が十分な説明なく、変化することがよくある。もちろんそれぞれの変化には根拠があるのだが、その根拠が共有されないので、結局その経...(2015/11/18 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

講演資料
中堅企業が即決したCRM、年間売り上げ成長率30%はなぜ実現できたのか?
 創業約30年の中堅企業 クレストは、これまで5〜10%で推移していた年間売り上げ成長率を、CRM導入後に30%に向上している。同社がWebサイト上でCRM5製品の問い合わせした際、4製品の会社からは自動メールの返信のみで、翌日以降にあらためてメールで連絡がきたのに対し...(2013/12/24 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

事例
僕の給料を下げてもいいから元に戻して! CRM乗り換え失敗で悟った“費用対効果と情報の価値”
 映像コンテンツ制作を手掛けるモバーシャルは、高品質なコンテンツを素早く安価で提供できる独自の制作フローを確立し、2007年の設立以来7期連続売上高30〜50%アップを実現してきた。だが、営業スタッフが増加したことにより、従来のExcelによる案件の進捗管理では、把...(2014/10/20 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

事例
脱ExcelやiPad対応、事例で分かる業務アプリ開発の「4大課題」解決法
 ビジネスプロセスの合理化や自動化、モバイルワーク対応など、業務アプリケーションへの要求はますます高まっている。しかし、開発にかかるコストや時間、ERPやレガシーなシステムとの連携の難しさなど、開発部門の前にはさまざまな課題が立ちはだかっている。 こうし...(2016/7/8 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

レポート
目的も用途も異なる全くの別物? 「グループウェアとSFAの違い」とは
 SFA(営業支援システム)の機能を見ると、スケジュール管理機能があり、案件管理機能があり、グループウェアと大差ないように思える。そのため、SFAを導入するより、既存のグループウェアを使って営業強化を図ればよいのではないか、という発想が生まれてくる。 しかし...(2015/6/11 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

事例
業務アプリ開発の「4つの課題」をまとめて解決
 ビジネスプロセスの合理化や自動化、モバイルワーク対応など、業務アプリケーションへの要求はますます高まっている。しかし、開発にかかるコストや時間、ERPやレガシーなシステムとの連携の難しさなど、開発部門の前にはさまざまな課題が立ちはだかっている。 こうし...(2016/5/2 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

レポート
「Salesforceの入力、面倒すぎる」 そんな現場を変えた「ボット君」
 現場の仕事はプロ級だが、ITは苦手――。ITが一般化する中、今やITになじみがない世代の職人たちも、ITツールを使うことを余儀なくされている。 今まで紙で行ってきた現場の状況報告を、スマートフォンの画面で操作するのは至難の業。それが報告の遅れや滞りにつながる...(2016/9/15 提供:KDDI株式会社)

事例
120年の老舗製造業アンリツがITで挑む、営業・マーケティングモデル最前線
 国内から海外へ、成長目的やさまざまな外的要因のためにビジネスの主軸を海外へ移す企業は増加の一途をたどる。戦う市場が変わるということは、当然戦う相手も異なる。勝利のためには、せめてグローバルの標準的武装はまといたい。そこで最近注目されるのが、営業・マー...(2015/9/30 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

事例
成長企業が語る「Excelでのビジネス管理」を止めた理由
 社員数が少なく、事業もシンプルな企業であれば、Excelとメールだけで顧客情報や業務プロセスの管理、スケジュール管理など全てをこなすことができるかもしれない。しかし、事業が拡大し、案件数や人員が増加すると、この手法では必ず限界が訪れる。顧客情報が分散して...(2015/12/22 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

事例
中堅企業のIT活用事例:営業管理と顧客管理の課題をまとめて解決
 テレビ会議・Web会議システムのトップ企業、ブイキューブ。7年連続で国内市場のシェア1位達成、2013年12月には東証マザーズへの上場を果たすなど、順調な歩みを続ける同社だが、数年前までは社内システムに問題を抱えていた。 具体例を挙げると、当時は見積書や請求書...(2014/12/3 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

レポート
顧客離反を防ぐ3つの方法――「Customer Experience 3.0」による収益貢献モデル
 完璧なビジネスが不可能である以上、企業は苦情から逃れられない。そこで、苦情を避けるのでなく、むしろ顧客が苦情を伝えやすい環境を積極的に作り、企業の問題解決力を高めるべきだと説く「Customer Experience 3.0」(以下、CX 3.0)が注目されている。 そもそも顧...(2017/2/7 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

事例
インサイドセールスの導入で商談設定率が5割増 営業を1年で変えるツールとは
 総合不動産業を展開するアップウィッシュは、会員制ポータルサイトを活用するなど時代のニーズを的確に捉えた経営戦略で躍進を続け、7年間で社員数15人から100人規模までに拡大し急成長を遂げている。しかし数年前までは、「先輩の背中を見て覚える」という我流の新人教...(2016/7/15 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

事例
Web会議システムのトップ企業が解約率30%低下を実現、その陰にクラウド型CRM導入あり
 テレビ会議・Web会議システムを手掛けるブイキューブ。7年連続で国内市場のシェア1位を達成し、2013年12月には東証マザーズへの上場を果たすなど、順調な歩みを続ける同社だが、数年前までは社内システムに問題を抱えていた。当時利用していたクラウド型ERPでは、データ...(2014/9/12 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

事例
「Salesforce CRMをやめた企業」が得たもの
 SaaS型CRMの先駆けとして多くの企業が導入した「Salesforce CRM」だが、既に他社サービスへの乗り換えによって高い成果を挙げている企業が少なくないことをご存じだろうか? 検索エンジン最適化(SEO)に特化した技術企業のウィルゲートもその1社である。 SEOは検索結...(2013/8/8 提供:ゾーホージャパン株式会社)

レポート
クラウドサービス4社対決、パートナーから最も評価されたのは?
 コンサルタント企業のAMI-Partnersでは、主要な4社(Amazon.com、Google、Microsoft、Salesforce.com)のクラウドサービスプロバイダーを対象に、パートナーの評価や収益性を中心にインタビューを行った。その結果、さまざまな項目で評価が高かったサービスプロバイダー...(2016/12/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

事例
CRM+クラウドストレージ活用で生産性向上したエクステリア専門企業、システム定着の鍵は?
 兵庫県神戸市に本社を置くひまわりライフは、庭や門、塀のリフォームや外壁工事などエクステリアを専門に手掛ける地域に密着した企業だ。顧客のニーズをとらえた的確な事業展開で、設立から11年で5000件を超える施工実績を上げ、着実に成長している同社の成長を促進して...(2014/12/5 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

レポート
成功するSFAを見極める10のポイント
 インターネットの普及以降、ユーザーが自力で情報を集められる時代になった。これまでの「この製品がAさんとBさんに売れた」という製品中心の考え方から、「この顧客はA製品とB製品は買ったがC製品は買わなかった」という顧客中心の「なぜ買ってもらえなかったか」を考...(2015/4/13 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

製品資料
数千のSaaSアプリにシングルサインオン、モバイル活用を進化させるEMM製品は?
 現在、ほとんどの企業が「どこからでも、どのデバイスでも作業できる」ことを標準としている。しかし、従業員が現在のモバイルワーク環境に満足しているかといえば、必ずしもそうではない。その原因の1つが、EMM(エンタープライズモビリティ管理)などによる複雑なアク...(2017/4/10 提供:日本マイクロソフト株式会社)

事例
見込み客を約6倍にした“興味を育成する”営業ツールとは?
 少子化などの影響による市場の縮小が、さまざまな業界で激しい値下げ競争を引き起こしている。多くの企業が望まずしてこの競争に参加する中、値引きに頼らずに見込み客を獲得する営業手法で成功を収める企業が現れはじめている。 自動車教習事業を行う飛鳥ドライビング...(2016/9/14 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

事例
ARUHI(*旧社名SBIモーゲージ)が住宅ローンの融資実行までの期間を8分の1に短縮できたわけ
 住宅ローン専門の金融機関、ARUHIは住宅ローン商品「フラット35」で4年連続シェア1位を獲得しているリーディングカンパニーだ。同社はインターネット販売と実店舗販売のチャネル構築に取り組むが、圧倒的な出店スピードにIT環境の整備が追い付かず、早急なシステム刷新...(2015/3/18 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

製品資料
インサイドセールスで営業を効率化、受注数/受注率を向上させる2つのプラン
 営業活動のコスト削減などを目的に、テレアポやリストクレンジング(名寄せ)などの業務アウトソースを利用する企業は少なくない。しかし、受注までの営業コスト削減や営業人件費の変動費化などで営業活動を効率化したい、受注やセミナー集客など、営業活動の成果を創出...(2016/11/11 提供:株式会社WEIC)

事例
M2Mで収集した装置ログで生産ライン安定化!分析のポイントは?
 印刷関連機器と電子部品のプリント基板の製造装置を提供するSCREENグラフィックアンドプレシジョンソリューションズ。同社では、機器の安定稼働を実現し、顧客の生産ラインの安定化に貢献するための、高度でプロアクティブな設備保全と運用改善を図るためのサービスを模...(2016/6/17 提供:クリックテック・ジャパン株式会社)

レポート
もはや必須ツール? 進化したユニファイドコミュニケーション「UCaaS」の選び方
 従業員の働き方を変えて生産性を向上させるために、ワークスタイル変革を実践する企業が近年増えている。ワークスタイル変革の第一歩として、企業は、デスク中心の働き方から、働く場所を自由に選べる働き方へ変わろうとしている。その働き方を実現する製品として、次世...(2017/3/2 提供:KDDI株式会社)

製品資料
マーケティングオートメーション主要6ツール比較、機能とサポートの違いは?
 近年、多くの企業がマーケティングやセールスに活用しているマーケティングオートメーションツール。さまざまなツールが登場し、市場も盛り上がりを見せているが、「実は正しい活用方法が分かっていない」という企業や担当者は今も多い。 まず知っておきたいのが、マー...(2016/8/23 提供:株式会社フロムスクラッチ)

レポート
仮想環境に潜むコンプライアンスリスク――膨大な監査請求の支払責任は誰に?
 パブリック、プライベート、ハイブリッドなど、クラウドにもさまざまな形態があり、また、その上で運用されるソフトウェアの柔軟性から仮想マシン(VM)の利用も進んできた。一方、こうした状況では、クラウドサービスのコンプライアンスやセキュリティ対策などの責任所...(2017/2/3 提供:ウチダスペクトラム株式会社)

事例
マーケティングと営業戦略を統合、120年の営業ノウハウが最新ツールで生んだ実績
 B2Bビジネスを展開する企業の場合、展示会やセミナーで新規顧客を開拓するなど“Face to Face”を営業の強みとしていることが多い。このインサイドセールスから得られた顧客情報を利用して顧客が望む的確なタイミングを把握すれば、大きく成果を上げる可能性も高まる。(2015/12/7 提供:株式会社マルケト)

製品資料
パブリッククラウドのセキュリティは大丈夫? そんな不安を解消するには
 クラウドやモバイル端末の業務活用が進んだことで、企業の生産性は大きく向上した。その一方で、管理すべきプラットフォームの拡大は、アプリケーションの可用性やパフォーマンス、セキュリティを維持する管理者にとって困難な状況を生んでいる。 その一例が、Webアプ...(2017/4/27 提供:F5ネットワークスジャパン合同会社)

製品資料
「モバイル業務は好みのデバイスで」 ID一元管理で安全性と生産性を両立
 複数のアプリケーションへのシングルサインオン(SSO)は、あらゆるユーザーから歓迎される機能だろう。クラウドプラットフォームやSaaSアプリケーションなどIT環境が拡大したことで、ID管理は複雑化し、ユーザーと管理部門の双方に負担がかかっている。 そこで、注目...(2017/4/10 提供:日本マイクロソフト株式会社)

Loading