TechTargetジャパン

事例
事例に見る「Evernote Business」&「Salesforce」が生み出す新しい営業スタイル
 クラウドベースのノートアプリ/サービス「Evernote」に、共有機能やセキュリティ強化をプラスした「Evernote Business」。議事録や資料を共有でき便利だが、関係者にいちいちメール送信するのは少々面倒だ。ノートに書いた瞬間に共有作業が完了すれば、便利ではないだ...(2014/7/14 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

製品資料
「Salesforce」の効果を高める名刺管理術、売れる仕組みをどう作る?
 営業やマーケティングにおける名刺の重要性は多くの企業で認識されており、その活用のための名刺管理サービスの導入も進みつつある。しかし、その実態は単なる管理にとどまっており、営業活動に生かしきれていないケースも多い。 この課題を解消するには、SFA/CRM内で...(2017/7/13 提供:株式会社サンブリッジ)

製品資料
Salesforce一体型名刺管理サービスの実力――営業力を強化する名刺活用の仕組み
 名刺をデジタル化して日々の業務に活用している個人や企業は多いはずだ。しかし、そのデータをExcelでまとめたり、データベース化したりするだけでは十分とはいえない。名刺情報を営業活動やマーケティングに生かすためには、Salesforceに代表されるSFAとの連携は欠かせ...(2017/7/13 提供:株式会社サンブリッジ)

製品資料
グループウェアではSFAの代わりにはならない 失敗しないための3つの視点
 一見しただけではグループウェアとの違いがよく分からない「営業支援システム」(SFA)。その導入段階では、「SFAではなく、グループウェアでもいいのではないか?」という声が上がることも多い。しかし、この両者には根本的な違いがある。 それは「システムとしての位...(2017/10/12 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

製品資料
Salesforceからの帳票出力を効率化、クラウド帳票サービスで解決できる課題とは
 伝票や請求書、給与明細などの「帳票」の運用では、複雑なレイアウトの作成や印刷時のズレなど、さまざまな課題がある。営業支援・CRMツール「Salesforce」からの出力でも、帳票へのデータコピーやカスタマイズなどで苦労しているユーザーも多いだろう。 本コンテンツ...(2017/6/22 提供:ウイングアーク1st株式会社)

事例
社内の顧客情報を「Salesforce」で一元管理、名刺情報も集約させる方法とは?
 業務に合わせてさまざまなツールを導入していった結果、全体としての業務効率が低下するケースは少なくない。それぞれの作業には便利でも、ツール間の連携が取れなければ、社内に情報が散在する状況が生まれる。その結果、営業業務のプロセスに多くの無駄が生じるのだ。(2017/7/13 提供:株式会社サンブリッジ)

事例
成功企業のSalesforce×Fintechを活用した電子請求の構築事例
 これまでスクラッチ開発や個別カスタマイズが当たり前だった業務管理の領域でも、クラウドサービスによる低コスト化が急速に進んでいる。しかし、販売管理や会計などのシステム連携が不十分で、その隙間を運用で補わなければならないなど、クラウド化のメリットを生かせ...(2017/2/1 提供:株式会社Cloud Payment)

レポート
世界トップクラスのIT部門が優先する3つの課題 日本のIT部門は大丈夫?
 顧客中心モデルへのシフトが進む中、多くのIT部門リーダーが「IT部門の役割は過去に例を見ないほど大きく変化している」と考えている。本レポートは、米国の他、日、加、英、仏、豪などで働くIT部門のリーダー2263人にアンケートを実施し、IT部門に対する役割の変化や人...(2017/9/27 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

事例
成長を続ける企業には必ずある、営業のPDCAサイクルを回す「7つの力」
 営業案件の管理に表計算ソフトを使っているケースは多いが、会議のたびに成約の確度や顧客先、進捗状況など、そこに記述されている内容が十分な説明なく、変化することがよくある。もちろんそれぞれの変化には根拠があるのだが、その根拠が共有されないので、結局その経...(2016/2/1 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

講演資料
中堅企業が即決したCRM、年間売り上げ成長率30%はなぜ実現できたのか?
 創業約30年の中堅企業 クレストは、これまで5〜10%で推移していた年間売り上げ成長率を、CRM導入後に30%に向上している。同社がWebサイト上でCRM5製品の問い合わせした際、4製品の会社からは自動メールの返信のみで、翌日以降にあらためてメールで連絡がきたのに対し...(2013/12/24 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

事例
僕の給料を下げてもいいから元に戻して! CRM乗り換え失敗で悟った“費用対効果と情報の価値”
 映像コンテンツ制作を手掛けるモバーシャルは、高品質なコンテンツを素早く安価で提供できる独自の制作フローを確立し、2007年の設立以来7期連続売上高30〜50%アップを実現してきた。だが、営業スタッフが増加したことにより、従来のExcelによる案件の進捗管理では、把...(2014/10/20 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

事例
脱ExcelやiPad対応、事例で分かる業務アプリ開発の「4大課題」解決法
 ビジネスプロセスの合理化や自動化、モバイルワーク対応など、業務アプリケーションへの要求はますます高まっている。しかし、開発にかかるコストや時間、ERPやレガシーなシステムとの連携の難しさなど、開発部門の前にはさまざまな課題が立ちはだかっている。 こうし...(2016/7/8 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

レポート
目的も用途も異なる全くの別物? 「グループウェアとSFAの違い」とは
 SFA(営業支援システム)の機能を見ると、スケジュール管理機能があり、案件管理機能があり、グループウェアと大差ないように思える。そのため、SFAを導入するより、既存のグループウェアを使って営業強化を図ればよいのではないか、という発想が生まれてくる。 しかし...(2015/6/11 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

事例
業務アプリ開発の「4つの課題」をまとめて解決
 ビジネスプロセスの合理化や自動化、モバイルワーク対応など、業務アプリケーションへの要求はますます高まっている。しかし、開発にかかるコストや時間、ERPやレガシーなシステムとの連携の難しさなど、開発部門の前にはさまざまな課題が立ちはだかっている。 こうし...(2016/5/2 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

事例
120年の老舗製造業アンリツがITで挑む、営業・マーケティングモデル最前線
 国内から海外へ、成長目的やさまざまな外的要因のためにビジネスの主軸を海外へ移す企業は増加の一途をたどる。戦う市場が変わるということは、当然戦う相手も異なる。勝利のためには、せめてグローバルの標準的武装はまといたい。そこで最近注目されるのが、営業・マー...(2015/12/1 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

レポート
「Salesforceの入力、面倒すぎる」 そんな現場を変えた「ボット君」
 現場の仕事はプロ級だが、ITは苦手――。ITが一般化する中、今やITになじみがない世代の職人たちも、ITツールを使うことを余儀なくされている。 今まで紙で行ってきた現場の状況報告を、スマートフォンの画面で操作するのは至難の業。それが報告の遅れや滞りにつながる...(2016/9/15 提供:KDDI株式会社)

事例
成長企業が語る「Excelでのビジネス管理」を止めた理由
 社員数が少なく、事業もシンプルな企業であれば、Excelとメールだけで顧客情報や業務プロセスの管理、スケジュール管理など全てをこなすことができるかもしれない。しかし、事業が拡大し、案件数や人員が増加すると、この手法では必ず限界が訪れる。顧客情報が分散して...(2015/12/22 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

事例
中堅企業のIT活用事例:営業管理と顧客管理の課題をまとめて解決
 テレビ会議・Web会議システムのトップ企業、ブイキューブ。7年連続で国内市場のシェア1位達成、2013年12月には東証マザーズへの上場を果たすなど、順調な歩みを続ける同社だが、数年前までは社内システムに問題を抱えていた。 具体例を挙げると、当時は見積書や請求書...(2014/12/3 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

レポート
顧客離反を防ぐ3つの方法――「Customer Experience 3.0」による収益貢献モデル
 完璧なビジネスが不可能である以上、企業は苦情から逃れられない。そこで、苦情を避けるのでなく、むしろ顧客が苦情を伝えやすい環境を積極的に作り、企業の問題解決力を高めるべきだと説く「Customer Experience 3.0」(以下、CX 3.0)が注目されている。 そもそも顧...(2017/7/24 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

事例
イベントで獲得した名刺を次のマーケティング施策に活用する名刺管理サービス
 顧客の購買プロセスの変化に伴い、企業の営業活動においてもWebサイトをはじめとするデジタル施策の比重はより高まっている。一方、顧客との接点を作る一歩目としては、「名刺」というアナログな手法も根強く使われ続けている。こうしたデジタルとアナログをうまく融合...(2017/7/13 提供:株式会社サンブリッジ)

事例
インサイドセールスの導入で商談設定率が5割増 営業を1年で変えるツールとは
 総合不動産業を展開するアップウィッシュは、会員制ポータルサイトを活用するなど時代のニーズを的確に捉えた経営戦略で躍進を続け、7年間で社員数15人から100人規模までに拡大し急成長を遂げている。しかし数年前までは、「先輩の背中を見て覚える」という我流の新人教...(2016/7/15 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

事例
Web会議システムのトップ企業が解約率30%低下を実現、その陰にクラウド型CRM導入あり
 テレビ会議・Web会議システムを手掛けるブイキューブ。7年連続で国内市場のシェア1位を達成し、2013年12月には東証マザーズへの上場を果たすなど、順調な歩みを続ける同社だが、数年前までは社内システムに問題を抱えていた。当時利用していたクラウド型ERPでは、データ...(2014/9/12 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

事例
大量の名刺を迅速にSFAへ登録、営業・マーケティングを強化するデータ整理術
 コンサルティングのような業務は、個人のポケットノウハウばかりが増えがちで、社内でのノウハウの共有が進みにくい。また、人的限界によって全国全てをカバーできないことも大きな課題となる。そのため、ノウハウを共有したり、顧客との新たな接点を増やしたりするため...(2017/7/13 提供:株式会社サンブリッジ)

事例
「Salesforce CRMをやめた企業」が得たもの
 SaaS型CRMの先駆けとして多くの企業が導入した「Salesforce CRM」だが、既に他社サービスへの乗り換えによって高い成果を挙げている企業が少なくないことをご存じだろうか? 検索エンジン最適化(SEO)に特化した技術企業のウィルゲートもその1社である。 SEOは検索結...(2013/8/8 提供:ゾーホージャパン株式会社)

技術文書
クラウドセキュリティを全方位解説:機密データとパフォーマンスの守り方
 「Salesforce.com」「Office 365」「Box」といったクラウドアプリケーションの企業導入は、爆発的に広がっている。しかし、ほとんどのIT部門がビジネスメリットを考慮してクラウドベースのアプリケーションを評価および選択するのに対して、セキュリティやパフォーマン...(2017/10/10 提供:株式会社シマンテック)

レポート
クラウドサービス4社対決、パートナーから最も評価されたのは?
 コンサルタント企業のAMI-Partnersでは、主要な4社(Amazon.com、Google、Microsoft、Salesforce.com)のクラウドサービスプロバイダーを対象に、パートナーの評価や収益性を中心にインタビューを行った。その結果、さまざまな項目で評価が高かったサービスプロバイダー...(2016/12/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
“平成生まれ”の才能を引き出す社内SNS活用術――6つのタイプ別の接し方とは?
 新入社員の配属が始まると、管理職やチームリーダーからジェネレーションギャップに戸惑う声が聞こえてくる。近年、続々と社会人になっている平成生まれは、物心ついたころからインターネットやPCに慣れ親しんできたデジタルネイティブな世代。欧米でも彼らと同世代をミ...(2017/8/2 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

事例
CRM+クラウドストレージ活用で生産性向上したエクステリア専門企業、システム定着の鍵は?
 兵庫県神戸市に本社を置くひまわりライフは、庭や門、塀のリフォームや外壁工事などエクステリアを専門に手掛ける地域に密着した企業だ。顧客のニーズをとらえた的確な事業展開で、設立から11年で5000件を超える施工実績を上げ、着実に成長している同社の成長を促進して...(2014/12/5 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

製品資料
「データの収益化」を可能にするAPI管理ソリューションとは
 アプリ開発において、APIの公開と管理は生産性の向上に大きく寄与する。eBayやSalesforceでは、APIを介したデータ公開で新市場のセールスが成功した実績もある。一方でAPIの公開にはリスクも伴う。そのため不正利用とサイバー攻撃を確実に防ぎ、APIへのアクセスを維持で...(2017/7/18 提供:CA Technologies)

レポート
成功するSFAを見極める10のポイント
 インターネットの普及以降、ユーザーが自力で情報を集められる時代になった。これまでの「この製品がAさんとBさんに売れた」という製品中心の考え方から、「この顧客はA製品とB製品は買ったがC製品は買わなかった」という顧客中心の「なぜ買ってもらえなかったか」を考...(2015/4/13 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

Loading