2012年01月06日 09時00分 UPDATE
特集/連載

押さえておきたいSQL ServerとHadoop連係の注意点【後編】SQL ServerユーザーのためのHadoopコネクタ実装手順

SQL ServerとHadoopを接続するためのコネクタの実装手順を解説。SQL ServerとHadoop環境を組み合わせれば、大量の非構造化データを処理し、リポーティング、分析、BIなどをサポートする構造化環境に統合できる。

[Robert Sheldon,TechTarget]

 前編「SQL ServerユーザーのためのHadoop連係入門」では、SQL ServerとHadoopの連係を検討するユーザーのために、Hadoop環境におけるビッグデータ処理技術の概念を説明した。後編ではMicrosoftが提供するSQL Server用のHadoopコネクタの実装手順を解説する。

SQL Server用のHadoopコネクタの実装

 SQL Server用のHadoopコネクタは、Hadoopクラスタのマスターノードに実装する。この場合、SqoopとMicrosoftのJava Database Connectivityドライバを使ってマスターノードを構成しなければならない。Sqoopはオープンソースのコマンドライン型ツールで、リレーショナルデータベースからデータをインポートし、Hadoop MapReduceフレームワークを使ってデータを変換した上で、そのデータをデータベースにエクスポートするのに利用する。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

佐藤尚之氏が語る、新規獲得が難しい時代だからこそ「ファン」を大切にすべき理由
これからのマーケティングが「ファンベース」であるべき理由とは何か。コミュニケーショ...

news134.jpg

Oracle、IBM、Adobeが語るデジタルマーケティングの新潮流
主要マーケティングツールベンダーは現在のマーケティングトレンドをどう見ているのか。...

news112.jpg

KDDI、ショッピングモール「Wowma!」出店店舗の中国向け越境EC参入をサポート
KDDIは、越境ECプラットフォーム「豌豆 (ワンドウ) プラットフォーム」を運営するInagora...