2011年11月18日 09時00分 UPDATE
特集/連載

従来の分析アプローチの見直しを迫るビッグデータHadoopがビッグデータの分析基盤として注目されるわけ

ビッグデータをビジネスに生かすための分析基盤として注目されているHadoop。従来のRDBMSでは対応が難しい理由とともに、Hadoopがなぜビッグデータ対応に適しているのかを解説する。

[Beth Stackpole,TechTarget]

 テラバイト、さらにはペタバイトが企業データストアの容量の単位として急速に定着していく中で、多くの企業が“ビッグデータ”の膨大な量と多様さにいかに対処するかに知恵を絞っている。しかし、企業が大量の構造化データと非構造化データの保存という難題に取り組みながらも、その一方でおろそかにしがちなのが、アナリティクス(分析)だ。すなわち、生データを有用なリアルタイムビジネスインテリジェンス(BI)に変換し、的確な意思決定につなげることが、しばしばなおざりにされている。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news016.jpg

Appleは今でもイケてるブランドか? 調査とデータで考察する
ビジネスパーソンの人的ネットワークから日本人の国語に関する意識変化、ウェアラブル端...

news101.jpg

セールスフォース・ドットコム、SalesforceにAI機能を組み込む「Salesforce Einstein」を発表
セールスフォース・ドットコムは、Salesforceのクラウドサービスに人工知能(AI)を組み...

news077.jpg

日本の複数デバイス利用ユーザーの半数は4台以上持ち──クロスデバイス利用動向調査
Appierは、アジア太平洋地域におけるクロスデバイス利用動向調査の日本版の調査結果を発...